iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

4Kスマートフォン機種紹介

4Kスマートフォンの性能VS価格とは

4K発展期となっているスマートフォン業界では、2013年ですマーフォン全体で10億台を発売されていて巨大マーケットとなっています。 そのため、各社の競争は激化しています。 2極化していて、性能で勝負をしてきている日本・韓国企業と価格で勝負をしてきている外国企業という構図になっています。

4000円の4Kスマートフォンを発売しているノキア。 ソニーはXperia Z2 SO-03Fノイズキャンセリング機能をつけた高性能のスマフォで対抗しています。 韓国製では、防水・防塵で指紋センサー機能付きの4Kスマートフォンなどもあり、各社様々な切り口で顧客の獲得にやっきになっています。 4Kカメラもついにここまで来たかという感じです。 4Kスマートフォン機種にはなにがあるのか ドコモの4K対応機種は、2014粘年度モデルで、4K撮影が可能な機種としては3機種発売されています。

Xperia Z2、AQUOS ZETA 、GALAXY S5の3機種が4K撮影と再生が可能な機種となります。

Xperia Z2:

Xperia Z2はソニーの最新技術を惜しみなく注ぎ込んだ自慢のスマートフォンとなります。
一番の目玉はやはり4K撮影ですが、それ以外でもデジタルノイズキャンセリングヘッドホンへの対応もされており、見る・効く・作る・遊ぶの4つをテーマにしたソニーの技術の結晶です。
映像と音へのこだわりはやはり世界のソニー健在を感じ取れるスマートフォンとなっています。
価格は、現在65000円前後と若干値が下がってはいるものの他社に比べると高めです。

AQUOS ZETA:

ソニーに対抗して出てきているのがシャープのAQUOS ZETA SH-04Fとなります。
価格が46000円とソニーやサムスンに比べると安くなっていて、人気のスマフォとなっています。

GALAXY S5:

韓国のサムスンが対抗して、GALAXY S5を発売しています。 4K対応のGALAXY S5はほかにも機能をアップさせています。
オートフォーカスがじゅうらいの1秒から0.3秒と3倍以上早くなっています。
1600万画素のCMOSを採用していて、4Kの画質を十分に生かしています。
防水・防塵機能があり壊れにくい作りとなっています。
大容量ダッテリーと省電力化にも力を入れていて、従来より待機時間が飛躍的に伸びています。
価格は60000円を切る日本製に比べて、安くもなく高くもない価格となっています。
一時期の観光製品の人気に影が指してきているようです。

Auはソニー・サムスン・シャープに加えてLGの4K携帯もはt倍しています。 LGのisai FL LGL24も防水・防塵対応となっていて、二品で必要かなあと思います。 韓国ではスマフォの扱いが雑なのでしょうか。 文化の違いを感じるところでもあります。 ディスプレイがちょっとすごくフルHDを超えたWQHDディスプレイが採用されていて画質は相当綺麗になっています。 4Kカメラでの撮影した画質を十分に生かしているように思えます。 この点は日本人好みではないでしょうか。0円提供などがあり、わかりにくいのですが、70000円台ではないかと思われます。

韓国製品と日本製品の価格競争では、以前ほど価格差がなくなり現在の最安値価格での競争にはなりにくくなっています。 ただノキアの製品だけは機能を減らして10000円未満の4K携帯を出していますので価格で購入するのであればノキアに軍配があがります。

現在、携帯会社で契約をする場合には機種の分割払いが主流となっていて、どれを選ぶかはその時のキャンペーンなどで変わってきますので、正確にはどれが一番人気かは、測りかねる状態です、 どれを使いたいかは購入者自身で決めたほうがいいと思います。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > topic > IT系 > 4Kスマートフォン機種紹介

サイトマップ

Top