TOP5 4K動画変換ソフト

Mar 17,2020 14:25 pm / カテゴリー:動画・音楽変換 /

デジタルカメラの技術が進歩し、今では4K動画(解像度3840×2160の高精細動画)の撮影を個人が気軽に行える時代となりました。

YouTubeでも様々な4K動画が投稿されており、動画サイトから4K動画を見る人も多いのではないでしょうか。 そして4K動画の撮影やダウンロードを行なうようになると、次には動画の変換が課題になってきます。

保存した4K動画をその後の使用に適した形に変換するには、4Kという高解像度変換に対応したソフトが必要になります。 現状、4K動画の変換に完全対応したソフトはまだ少ないですが、その中から人気があると思われる動画変換ソフトのTOP5を紹介したいと思います。

■DivX Converter

フリーソフト

特徴:

  • DivX、AVI、MKV、HEVC形式の4K動画を作成
  • iPadとiPhone用に最適な動画もプリセット簡単に作成可能

  • 変換前のビットレート設定、ファイルサイズ・解像度の制限、動画の回転、複数クリップのまとめなどの簡単機能 フリーの動画変換ソフトとしてはとても有名なDivX Converterです。 黒を基調としたインターフェイスがクールです。 もちろん動画変換ソフトとしての機能も充実しており、パソコンのスペックが充分ならば4K動画などの大きなファイルの動画変換も簡単にできます。4K動画の変換ソフトに迷ったならば、とりあえずこのソフトをインストールし、これを基準に他のソフトと使用感を比較してみると良いかもしれません。

    ■PowerDirector 18

    価格:ULTRA¥12,980、ULTIMATE¥15,980、ULTIMATE SUITE¥20,980、365¥8,480

    特徴:

  • 豊富なテンプレートによるテーマデザイナー
  • 機能最大4 本のビデオクリップを切り替えながら1つのビデオを作成可能
  • モーションブラーなど多数のエフェクト効果を簡単に加えられる

  • ビデオの手振れや明るさを簡単に補正できる 有料ソフトなだけあって、動画変換だけでなく多彩な編集機能に優れています。 変換機能だけで充分だと言う人は価格の安いDELUXE版を、趣味で動画編集を行なうという人はULTIMATE SUITE版などの高価版を購入すると良いでしょう。 とにかく機能が豊富ですので、一度公式サイトをご覧になることをお勧めします。

    ■Director Suite 365

    価格:¥15,980

    特徴:

  • ビデオと写真の編集、カラーグレーディング、オーディオ製作のためのパワフルなツールを提供
  • 100 種類以上のビデオ編集ツール
  • ビデオ用音声編集と映画のようなサラウンドサウンドの製作
  • 4K、3D、AVCHD 2.0 対応

  • 先に紹介したPowerDirector 18に他の動画作成ソフトをセットにした上位互換版。 4K動画の映像作成・変換から3D映像の作成まで、個人の趣味を越えたプロの映像製作に使用可能なソフトです。 正直言うと4K動画の変換という本ページの主旨からは大きくはずれ、オーバースペックなソフトでございますが、お財布に余裕があり、映像編集に将来興味を持つかもしれないという人は、購入を検討しても良いかもしれません。

    ■Instant 4K (Adobe After Effects、Adobe Premiere Proのプラグイン)

    価格:¥14,300

    特徴:

  • SDビデオ(DV、D1)や HDビデオを、4K、Ultra HDなど高解像度のビデオフォーマットに変換
  • 4Kへのスケーリング、アップスケールツール、アップコンバート
  • スケーリング解像度:DCI 4K (4096×2160)、Full Aperture 4K (4096×3112)、Ultra HD (3840×2160) などに対応

  • サイズはカスタムで自由に設定可能 こちらは単体での動画変換ソフトではありませんが、Adobe社のAfter EffectsやPremiere Proにプラグインとしてインストールすることにより、4K動画へのアップコンバートやスケーリングが可能となります。 普通のHD動画やSD動画を4K解像度へ変換したい場合、After Effectsを既にお持ちならばこのプラグインを導入するととても便利です。

    ■スーパーメディア変換!(Windows版)

    価格:¥4,580(年間更新プラン)、¥6,780(ライフタイムプラン)

    特徴:

  • 超高速ファイル変換により変換スピード、作業効率が大幅にアップ
  • 動画分割・結合・カット、部分拡大、動画にウォーターマーク・字幕追加など自由自在
  • Youtube動画などを簡単にダウンロード・変換・保存
  • 多様な出力形式:MP4、WMVやAVIなどの動画形式、iPhone 5s、iPhone 5c、iPad AirやiPad mini 2など
  • 4K及びHEVC(H.265)ファイルの入力と出力に対応

  • 無料のDivX Converterでは機能に満足できないが、PowerDirector 18ほど高価なソフトは必要ないという人にお勧めです。 4K動画変換などについて初心者の人は、とりあえずこちらのソフトを購入しておけば間違いは無いと思います。 YouTubeなどのwebの動画サイトからも簡単に動画をダウンロードできますので、YouTubeで4K動画ダウンロード→変換して出力なども簡単操作で実行できます。

    以上、UHD・4K動画の変換ソフトの紹介でした。 4K動画の変換になると、フリーソフトでは厳しいところがあり、有料ソフトが基本になってきます。 とはいえ基本的に各ソフト無料体験版がありますので、「スーパーメディア変換!」「DivX Converter」「PowerDirector 18」あたりを無料でインストールして比較してみるといいでしょう。

    渡辺

    著者

    コメント(0)

    関連記事

    Youtubeの4KビデオサンプルTop10

    Youtubeの4KビデオサンプルTop10です。

    13.03.2020 もっと見る

    4K動画再生ソフトTOP5 紹介

    4K動画の再生は、パソコンの求められるスペックや対応ソフトの少なさから、まだまだハードルが高いと思っている人も多いのではないでしょうか。 そこで本ページでは、4K動画を手軽に視聴できるように、4K動画に対応した再生ソフトを紹介したいと思います。

    26.06.2019 もっと見る

    4K動画VS一般HD動画(1080P)

    4K動画と一般HD動画(1080P)の違い点をまとめてみます。

    11.03.2020 もっと見る
    ホーム > 製品活用ガイド > topic > 動画・音楽変換 > TOP5 4K動画変換ソフト
    Top