iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

キャッシュをクリアする方法

みなさんは最近iPhoneが重くなったなあ、なんてことは感じませんか?そんな時一番多く考えられる原因は、「キャッシュ」です。「キャッシュ」とは、一度開いた画面や、読み込んだ画像の記録を保管しておくデータのことです。

iPhoneにインストールされているアプリは、使えば使うほどキャッシュを溜め込んでいきます。それが原因で、iPhoneのパフォーマンスが悪くなることがあるのです。そんな時キャッシュをクリアすることで重かったはずのiPhoneが軽くなってくれます。

iPhone本体からキャッシュを消去する方法

iPhone本体からもキャッシュ消去をすることができ、iPhoneのホーム画面の「設定」から「アプリ」を開き「Safari」をタップします。タップすると画面の中央部あたりに「履歴を消去」「クッキーを消去」「キャッシュを消去」とあるので「キャッシュを消去」を選択します。これでキャッシュ削除完了です。

Wondershareスマホデータ完全消去でキャッシュうを消去する方法

ですが今回取って置きのキャッシュクリア方法をお勧めします。それは、Wondershareスマホデータ完全消去なんです。このソフトはiPhoneを売却、廃棄時にデータを完全消去してくれるソフトで、なかに「1-Clickクリーンアップ」機能がついており、今回のキャッシュをきれいさっぱりクリアにしてくれるのです。それから、その使い方を紹介します。

ステップ 1iOSデバイスをUSBケーブルでPCに接続します

 

スマホデータ完全消去もまずはiOSデバイスをUSBケーブルでPCに接続します。デバイスが検出された後、メイン画面になります。左側は現在iOSデバイスの使用状況です。右側は機能の一覧です。丸いオプションをクリックして、各機能の詳細を確認できます。

iOSデバイスをUSBケーブルでPCに接続します


ステップ 2「1-Clickクリーンアップ」をクリックしてください

 

メイン画面の5番目の機能「1-Clickクリーンアップ」をクリックしていただきデバイス上のlogファイル、ジャンクファイルやキャッシュファイルをスキャンします。

「1-Clickクリーンアップ」をクリックしてください


ステップ 3ジャンクファイルの削除が開始します

 

全てのジャンクファイルを検出した後、クリーンアップ可能な容量が表示されています。削除したいアイテム名の前にチャックマークを入れて、「クリーンアップ」ボタンをクリックしていただくと、ジャンクファイルの削除が開始します。

注意:15日間一度も利用したことがないアプリケーションを検出して、不要なアプリとして扱われますので、どうかご注意ください。

ジャンクファイルの削除が開始します


ステップ4クリーンアップが完了されます

 

クリーンアップが完了後、「xxx.MBのファイルが削除されました」という提示がでます。xxx.MBの空き容量を解放したということです。デバイスを空き容量を軽くして、パフォーマンスを向上させます。

クリーンアップが完了されます

ソフトを買ってまでキャッシュクリアはしたくないという方は、無料体験で「1-Clickクリーンアップ」機能を体験できますのでぜひこの機会に使ってみてください。あなたのiPhoneが見違えたように軽くなりますよ!

サイトマップ

Top