iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iDVDでiMovie動画を焼く方法が知らないの?解決!

アップル製品ユーザーにとっては、iMovieでムービーを編集→iDVDでDVDに書き込む、という 流れが一般的かと思います。

iMovie6までであれば、iMovieの「共有」から「iDVD」の選択肢が出てくるのでそれを選びさえすれば、レンダリングされiDVDに送信(エクスポート)されるからです。
(iMovie+iDVDの組み合わせでは、ムービーの撮影・編集はiMovie、DVDへの書き込みはiDVD、という図式ですね。

その後iDVDで立ち上がり、新しいプロジェクト内にiMovieから送られたムービーが表示され、その後テーマ編集・メニュー編集・他の素材データの追加等をしてDVDに書き出せるからです。

iDVDについて

しかしこの方法では、どうもDVD-Videoにした時に画質がかなり劣化してしまいます。これを防ぐには、iMovieから一度ファイル形式で書き出し、それをiDVDで取り込んで作成していく、という方法をとります。

Part1: iMovieで動画を編集&iDVDでDVD作成

*この方法は、iMovie7以降のバージョンで作業する場合にも適用できます。*

具体的には、次の手順になります。

① 「共有」から「Quick Timeを使用して書き出す」を選択します

② オプションの中の「ムービー設定」にある「ビデオ」の中の「設定」を選択します

③ 圧縮の種類をH.264にして圧縮プログラムの品質を最高にします

④ 「サイズ」で一番大きなサイズに設定します

この手順でファイルを作成すると、最高画質でのデータが出来上がりますので、この後はiDVDで取り込んで、DVDに書き込む工程を行います。iDVDの側からiMovieを取り込むことを見てみましょう。

iMovieで高品位で保存したデータを、iDVDの「ファイル」→「ムービーからOneStep DVD」を選択して、先に保存していたiMovieで作ったデータを取り込みます。
メニューを付けずにそのままDVDに焼く場合は、上記手順の後に「ファイル」→「DVDを作成」で完了します。

iDVDについて

一方、メニューをつける場合は、iDVDから以下の手順を踏みます。

1. 「プロジェクトを作成」を選択して、ファイル名、保存場所、アスペクト比を指定

2. メニューのテーマを選んで、素材データを取り込んでいきます。この段階で、BGMなども付けていくことができます。

3. 「ファイル」→「DVDを作成」を選択。

iDVDについて

Part2: 新しいiMovie編集した動画をDVDに焼く方法

ここまで書いてきましたが、iDVDも今や標準ソフトではなくなり、iMovieのバージョンが上がっていることで、DVDに書き込む際にiDVDに固執する必要はなく、さすがにフリー
ソフトだった点は大きいですが、安価で、単にDVDに焼くだけでなく、素材データを編集 して凝った「作品」としてDVDが作成できたら、理想的ですよね。

そこで参考までに挙げさせていただくのがWondershare『DVD Creator』(Mac版)です。
iMovieで書き出したデータを取り込み、しかもその素材データを編集し、メニューも多数用意された中から選んで編集もでき、簡単にDVDに書き出すことができます。

素材の編集は、クロップ・回転・トリミング・透かし等ができ、メニューもチャプターボタンやテキストも簡単に変更できるんです。

DVDへの書き出しもDVDの保存形式として「ディスク」なのか「フォルダー」なのか「メディア」なのか、ISOなのかを選択し、ファイル名を付けたらそのまま保存します。

iMovieでムービーを編集せずとも、一つ一つのムービーをその形式をあまり気にせずに保存し、それをそっくりそのまま取り込みから編集、書き出しまでワンステップで手軽にできるこのソフト、なかなかの優れものです。

DVD Creator

注:「DVD Creator」は、Mac向けソフトです。WindowsでDVDを作成したい場合は、「Video to DVD 2」というWindows用のDVD作成ソフトを提供しております。

Mac版ダウンロード   Windows版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > topic > DVD作成 > iDVDでiMovie動画を焼く方法が知らない?

サイトマップ

Top