iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

料理写真を撮るコツ

■料理写真を撮るコツについて

自分で作った料理を写真にとって残したり、ブログに載せたりしている方も多いと思います。せっかく写真を撮るなら綺麗で美味しそうに撮りたいと思いますよね?しかし美味しそうな料理の撮り方は難しくどうやって撮影すれば良いのか中々わからないと思います。今回は料理の写真を撮るときのポイントを紹介したいと思います。

■セッティング

シンプルな模様のテーブルクロスを選ぶ。 料理の色と対照的な色、あるいは調和した色の食器を使う。 料理の盛り付けは高く。高さを出すことで立体感が出て美味しそうに見える。 背景をぼやけさせるために、カメラの絞りを開くのも良い。こうすることによってメインの料理が印象付けられます。

■光

できるだけ自然光を使う。理想は白いカーテンで拡散された光。 フラッシュは使わない。フラッシュを使うと人工的な光が入るため自然で美味しそうな料理の写真にならないため自然な光で料理を明るく照らしてください。

■カラーバランス

状況に適したホワイトバランス設定にする。 色合いの調整にPCも利用しましょう(カメラでの調整ができない場合)。

■ぶれないように

ブレないように三脚などを利用する。 三脚が用意できない場合は、ガラスのコップや椅子の背などを利用する。

■たくさん撮る

いろいろな角度から何枚も撮ってみて、ベストショットを探す。 お勧めのアングルは45度!普段料理を食べる時の料理と目線の角度がおよそ斜め45度なのでこの角度が一番おいしそうに見えると思われます。

■ズームイン

マクロ機能を使って、近距離で撮影することも有効。画面いっぱいに撮ることで料理の存在感が増し美味しそうに見えます。

■調理の写真も撮る

完成したものだけでなく、調理中の写真も撮る。見ている人にとっては興味深いものであるため。見ている人の興味を引くことでさらに料理への関心が増し美味しそうに見えます。

■早く

できたての状態を撮る。 時間がたってしまった料理からは出来立ての美味しさは表現できません。そのため出来立ての状態を時間のたつ前に撮影することは重要なポイントです。

■細かい部分にも配慮を

食器はキレイに。 ソースや付け合わせなどで彩りを加える。 メインの料理だけでなく背景にお茶などの飲み物を置くことでメインの料理の印象がさらに引き立てられます。また箸やフォークなどを添えるのも良いです。全部が写真の中に入れるのではなく、少し入れ込む感じで撮影すると雰囲気もでます。

ホーム > 製品活用ガイド > 祝日 > お祭り > 料理写真を撮るコツ

サイトマップ

Top