MP4変換を無料かつ簡単にできる!おすすめオンラインサイトTop5

【MP4動画の汎用性が高く、使い勝手がいい!手持ちの動画をMP4まで簡単変換できる、まともな無料サイトはありますか?】

そうですね。従来の動画ファイルは非常に容量が大きく、その取扱い、管理が非常に困難なものでした。しかし、低容量の高圧縮技術であるMP4では、動画の大きさを従来動画容量の1/10程度まで抑えることが可能となっており、低容量フォーマットのメジャー的存在となっています。

そしてそのMP4への変換は、変換ソフトやアプリが必要とされていましたが、今現在では、無料のオンラインサイトで容易にできるようになっています。
でも同時に、うまく変換できないサイトや、日本語が変な海外サイトなども多数混在しているため、まともなMP4変換ができないことが多いです。

「このMP4変換サイト、無料だけど長さと容量が制限されているし、広告誘導が多すぎて困る」

「アップロードした動画ファイルはMP4までに変換できるのが良いが、動画の不正利用は大丈夫?」

今回はそんな悩みを解決するよう、MP4変換を無料かつ簡単にできるおすすめオンラインサイトTop5を紹介したいと思います。

【第1位:「MP4変換サイト」の検索最上位を獲得したOnline videoconverter】

0004_01

https://www.onlinevideoconverter.com/ja/
こちらのサイトは無料で使える音声ファイル・動画ファイル変換サイトです。サイトにアクセスをしてMP4まで形式を変換したいファイルを選択し、変換したいフォーマットを選択するだけで変換してくれる便利なサイトです。変換できる形式はMP3,MP4,MOV,WAV,WMVを含む全17種類となっています。

メリット:「動画のURL/リンクをコピー・ペーストするだけでMP4に変換できる点はすごくいい!Chrome用のYoutubeダウンロード拡張機能もあってうれしい」

デメリット:「ただし動画のアップロード速度がすこし遅い。そしていきなり変換ERRORが出てちょっと不安です。」

【第2位:洗練されたWebデザインで好印象のConvertio.co】

0004_01

https://convertio.co/ja/
こちらも無料でMP4形式に変換できるサイトです。サポートされているファイル形式はMP4,GIF,MP3,MOV,WMVなどがあります。MOVなどの形式からMP4への変換だけでなく、MP4から他の形式へという逆変換も可能です。使い方は変換したいファイルを選択し、変換したいファイル形式を選ぶだけでOKです。

メリット:「DropboxまたはGoogle Driveから動画をアップロードして直接MP4に変換できるところが特色です。複数ファイルの同時MP4変換にも対応できます(サインアップしていない場合は2個まで)。あとPDF変換も色々対応できそうで、今後活用できそうなサイトです。」

デメリット:「MOVをMP4に変換後のファイル容量が大きくなるがちょっと疑問。」

【第3位:直感的な操作で使い勝手がいいconvert-video-online】

0004_01

https://convert-video-online.com/ja/
字が大きく、操作が直感的で使いやすいMP4変換サイトです。最大 2Gb までのファイルをアップロード可能、動画形式だけでなく、スマホ機種(iPhone(*iPhone6までしかない)、Sony、サムスンなど)からも選べるのがありがたいです。

メリット:「MP4に変換した後の解像度も設定できるのが良いですね。大きいサイズの動画を小さくしたいときもあるので。」

デメリット:「MP4以外に、対応の変換形式がやや少ない。」

【第4位:各仕様を細かく設定できる上級者向けのaconvert】

0004_01

https://www.aconvert.com/jp/video/
MP4変換以外、ビデオオンライン合併と分割もできます。後MP4に変換する際のビデオサイズ、ビット率、フレームレート、アスペクト比など細かく設定することができて、上級者向けです。

メリット:「動画ファイルのアップロードと変換が同時に行われ、速度も速いような気がします。」

デメリット:「下に(MP4変換 Aac MP4)などが選択肢ではなく、広告ですので要注意です。」

【第5位:YoutubeからMP4に変換に特化したclipconverter.cc】

0004_01

http://www.clipconverter.cc/jp/
こちらのサイトの最大の特徴は、Youtube動画を直接MP4に変換できることに特化したところです。現在 直接ダウンロード、 YouTube (HQ,HD), Google Video, Sevenload, MySpace, Dailymotion (HQ), Vimeo (HQ), Metacafe, MyVideo, YouPorn, Pornhub, Veoh のサイトで利用できます。Youtube動画からMP4に変換する方法も詳しく記載しており、Youtube専門変換したい方におすすめです。ファイルをアップロードすることも可能ですが、手順がやや複雑です。

メリット:「いつもこれを使ってYoutube動画を変換しています。」

デメリット:「時々動画を検出できない場合もありますね。後対応できる日本の動画サイトをもっと増やしてほしいです!」

【MP4変換オンラインサイトの利用について】

以上、おすすめのMP4変換オンラインサイトTop5を紹介いたしました。
こういうサイトを利用する場合は、元となる動画をアップロードさえしてしまえばすぐに変換が出来てしまうという気軽さと、変換ソフトのインストールが不要、高いマシンスペックが必要とせずスマートフォンからでも利用できるという点は、非常に大きなメリットといえるでしょう。

しかしながらいくつかのデメリットも存在し、まず無料で利用できる代わりに、オンラインサイトでは多数の広告が張られているため、不必要なリンクをクリックしてしまうと、そのサイトにジャンプしてしまう煩わしさがあります。
また、MP4は非常に様々なパラメータの設定が必要となりますが、オンラインサイトではそいうったパラメータの設定は最小限となっているため、クオリティの高い変換を求める場合は不向きといえます。
そのため、クオリティを気にしない方にとってはお任せである程度のものが出来上がるのでおすすめといえるでしょう。

では、より高いクオリティのMP4変換を行うには?コツを教えちゃいます。

MP4という形式は、元の動画ファイルよりもクオリティが向上するということはありえませんし、変換を繰り返すことで劣化が進んでいくことになります。
そのため、一度の変換でクオリティを保ちつつ利用していくことが重要といえます。
高いクオリティを維持するためには、高いビットレートと、元の動画ファイルと同一のフレームレートを設定することが前提です。とくにフレームレートは国内の映像フォーマットは1秒間に30枚のコマで運用しているため、それ以下の設定ではカクカクした動きとなってしまい致命的となっています。設定には29.97fpsまたは59.94iの設定が必要不可欠といえます。また音声フォーマットも、映像における音声は48Khz、16bitのフォーマットと決まっているため、それに近い圧縮を施したPCM音源やAACなどが設定できる必要があります。
こうしたパラメータはフリーソフトの一部でも可能ですが、有料ソフトを利用することでより高いクオリティを維持刷すことが可能となります。特に、高いビットレートで変換するには、その変換ソフトの演算によって精度が変わってくることもあり、有料ソフトは映像の乱れやコマ落ちといった症状が出にくい仕様となっています。

例えばワンダーシェアーの「スーパーメディア変換!」というソフトなら、高品質で動画をロスレス変換することができます。↓↓↓

【MP4動画の利用に適した変換を選ぼう】

動画をMP4で管理、運用するにはその用途によって作成していくのが重要です。動画サイトへのアップロードやスマホなどでの閲覧などクオリティを求めない場合は無料オンラインサイトで行ってもよいでしょう。
しかし、思い出として永久に保管しておきたい動画では高いクオリティで保管しておくことが望ましいといえます。MP4変換オンラインサイトのメリット、デメリットをしっかりと比較して、適切な方法を選びましょう。

関連記事

高画質でMP4をWMVに変換する方法

安全、簡単、快速、高画質でMP4をWMVに変換する方法をご紹介します。HD1080Pや4kビデオなどに対応、さらにカスタマイズもできます。無料体験可能。☆おすすめ☆

20.08.2018 もっと見る

AVIファイルをMP4に変換しましょう!

スマホやPSP・3DSなどではAVIが再生できないのはすごく惜しいことですが、こんな悩みを解決してくれるAVIをMP4に変換できるソフトがあります。

10.07.2018 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > 動画・音楽変換 > MP4変換 > 無料サイトより高いクオリティでMP4変換を行うには?
Top