iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 他の動画編集 > 動画でアスペクト比を簡単調整

動画でアスペクト比を簡単調整

Wondershare ワンダーシェアー 編集者
Jun 25,2015 18:00 pm / 編集者: カテゴリ: 他の動画編集

ご存知の方も多いと思いますが、現在一般に普及している画面アスペクト比(横と縦の長さの比)には4:3と16:9があります。テレビのアナログ放送やかつてのPCモニターは4:3でしたが、地デジ放送は16:9になり、現在はPCモニターも幅広の16:9が一般的です。それでもまだ4:3のモニターや、4:3で記録された動画も数多くあります。

このようにアスペクト比が合わない場合には、引き延ばしたり、余白を黒くしたりして調整します。モニターやプレイヤーを設定して一時的に調整しながら見ることもできますが、一々設定するのが面倒な場合には、動画編集ソフトを使って元の動画を直してしまう方法もあります。

今回はWondershare 『動画編集 プロ』を使って動画の画面アスペクト比を変更する方法をご紹介します。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

   ステップ1. 『動画編集 プロ(Win版)』を起動

まずソフトウェアを起動すると、画面比率と編集モードの選択画面が表示されます。ここで選ぶ比率はお持ちの動画に合わせたもので構いません。「高度編集モード」をクリックして編集画面に進んでください。

   ステップ2.ビデオを簡単に編集

PCなどに保存されている動画を、画面左上の「追加」からファイルを選んで取り込みます。サムネイルの一覧が「ユーザーアルバム」に並んだら、ドラッグで画面下段のタイムラインに配置します。

いくつかの動画を並べたり、タイトルやクレジットなどのテキスト、エフェクトなど様々な編集を加えたりした後、右上のプレビュー画面で仕上がりを確認します。これでよいと思ったら、画面中央の「作成」をクリックしてください。

動画編集

   ステップ3.新しく作成したファイルを保存や共有

保存画面では、編集した動画をメディアプレイヤーで再生するためにPCに保存できるほか、YouTubeなどに直接アップロードしたり、DVDを作成したりできます。

「形式」タブでは、保存形式を選択して保存します。右側の画面の「詳細設定」をクリックすることによって、解像度を変更することができます。解像度によって自動的にアスペクト比が決まります。たとえば640*480は4:3,1280*720は16:9です。(保存形式によって選択できる解像度が違うので、各々計算してください。)設定ができたら「OK」をクリックします。

「デバイス」タブではスマートフォンやゲーム機など、再生したい機器を選択できます。デバイスを選択するとそのデバイスに合わせて自動的に解像度が設定されますが、詳細設定から変更することもできます。

「YouTube」「Facebook」「Vimeo」を選択すると、これらのサイトに直接動画をアップロードできます。この場合はアスペクト比や解像度を手動で変更する必要はありません。

「DVD」のタブにはアスペクト比の選択欄があるので、4:3または16:9を選びます。

このほかにタイトルやコメントなどを記入して、右下の「作成」をクリックして完成です。実際にPCやその他のデバイスで再生すると、アスペクト比の調整のための黒い帯が挿入されているのが確認できます。

ビデオ保存

いかがでしょうか。 『動画編集 プロ(Win版)』を使えば、難しい操作をすることなく動画のアスペクト比を変更することができます。他にも多種多様な編集機能が備わっていますので、ぜひお試しください。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

 

関連トピックス
Mac(OS X El Capitanを含む)で動画を回転する方法
iPhoneで撮影した動画、どうやって編集する?クロップ編
汎用性大のAVI動画をクロップしましょう
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

サイトマップ

Top