iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

いろいろな動画から音声を抽出する

各種デバイスはもとより、家庭用のDVDレコーダーやブルーレイレコーダーなどで保存、作成された動画データというのは、細かく構成を見てみると映像データと音声データがそれぞれ独立で存在し、それを重ねてあるイメージです。

そのため動画全体を編集することはもとより、動画データのうち映像だけを編集することもできるし、音声データだけを編集することも可能です。

Part 1: 「動画編集 プロ」で 動画から音声抽出方法

動画からMP3として抽出して、それをポータブルデバイスに出力して、外でも音楽・音声を楽しむなんていうこともできますし、さらには別の動画にBGMとして追加し、作品に仕上がった動画をMP4フォーマットで保存しインターネット上で共有することもできます。まさに使い方の幅が広がりますね。

それを実現するには、動画データから音声データを抽出・分離して、動画の音声だけを取り出す必要があります。

ではさっそく、「Wondershare 動画編集 プロ」を使って、動画から音声だけ抽出する方法を見ていきましょう。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

ステップ 1 データの取り込み

「Wondershare 動画編集 プロ」を立ち上げ、アスペクト比を指定した後高度編集モードで開きます。画面左上のメディアライブラリに、音声を取り出したい動画データをドラッグアンドドロップして取り込みます。

動画の読み込み

ステップ 2 タイムラインに入る

メディアライブラリに取り込んだデータをさらに画面下のタイムラインにドラッグアンドドロップして編集できるようにします。

タイムライン

ステップ 3 「オーディオ分離」を選択する

クリップを右クリックしてメニューを出して、「オーディオ分離」を選択します。

音声データを分離(抽出)する

この手順で、動画データから音声を取り出すことができました。

Part 2: 抽出した音声データの活用方法

ではこの抽出したデータの活用方法を見てみましょう。

ステップ 1 抽出した音声データをMP3で保存する

複数の動画データから音声データを抽出してそれをつなげることもできるので、必要なだけ音声データを分離させて、映像部分を削除します。残った音声データを保存するのですが、動画編集プロの画面中ほどのメニューの一番右の「作成」をクリックします。

ここで保存形式としてMP3を選択し、「出力の説明」でファイル名と保存先を指定し、更には「詳細設定」をクリックしてビットレートなどを変更したければここで設定して、右下にある「作成」をクリックします。

これで抽出した音声データをMP3での保存が完了します。

抽出した音声データの活用方法

ステップ 2 新たな動画作品を作成し、MP4フォーマットで保存する

初めてのは音声データを抽出するところまでは操作は同じです。

音声情報がブルーのバーで独立しているので、そのバーを左右に動かして、BGMとして重ねたい映像クリップのところにドラッグします。この音声のクリップを右クリックしてメニューを表示させ、「編集」からその音声データの再生速度、ボニューム、フェードイン・フェードアウト設定、ピッチなどの変更が可能です。

動画 音だけ抽出

すべての設定、編集が終わったら、MP4フォーマットで出力(保存)するのですが、これも「作成」をクリックして表示される画面で、ファイル形式をMP4を選び、ファイル名と保存場所、更には「詳細設定」で保存するMP4のデータを調整して作成します。

動画からmp3 抽出

なお、ファイル形式を選ぶところはタブになっていて、ファイルデータとしてPC上に保存するだけでなく、PCに接続したデバイスに直接保存できたり、YoutubeやFacebookに直接アップロードできたり、更にDVDに書き込んだりできます。

また、デバイスはiPhone、iPad、iPod、アンドロイド端末、ゲームプレイヤーなどに出力できますし、ファイルとしてはMP4フォーマットだけでなく、AVIやWMV、MKV、FLV、MPEG、VOB、H.264などのフォーマットにも対応しているので、汎用性も高い動画として作成することができます。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 音楽・BGM編集 > いろいろな動画から音声を抽出する

サイトマップ

Top