iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Macにピッタリな画像・写真編集ソフト!

これからMacで画像や写真を編集しようと思っている方で、どの画像編集ソフトを選んで良いか迷っている方もいると思います。そこで、どの画像編集ソフトが良いのか、Macで画像や写真を編集できるソフト5選を紹介したいと思います。

Macにピッタリな画像・写真編集ソフトを5つ紹介

おススメソフト1:Filmora 動画編集(Mac版)

特徴

Filmora 動画編集(Mac版)は多彩な編集機能を搭載し、多種に亘る形式に対応していることが特徴です。 その多彩な編集機能ですが、テキストの追加、回転、クロップなどの基本的な機能に加え、テレビのワイプのように、画面の中に小さい画面を入れることができるピクチャ・インピクチャ機能や、写真をモノクロ風や映画風に仕上げることができるエフェクト機能などの高度な編集機能が搭載されています。

対応形式については、JPG、PNG、GIF、BMPと多くの形式に対応しており、他にもMP3、AAC、WMAなどの音声形式や、MP4、MOV、MTSなどの動画形式にも対応しています。

また、facebookやYoutubeにアップロードすることや、iPhoneやスマートフォンにも出力ができるので非常に便利です。

メリットとデメリット

メリットは、簡単な動画編集から細かな動画編集まで出来るので、このソフトを一つ買えば自身の編集技術の成長に応じて末永く使用できるところです。

デメリットは、簡単な編集しかしないという方にとっては機能が多すぎて画面が見づらいというところです。

動画結合するソフト

おススメソフト2:GIMP

GIMP

特徴

GIMPは写真の加工、CGやロゴなどの作成に最適なソフトで、エフェクト機能、ブラシ加工、グラデーション、パターン、トリミング、リサイズと、多くの編集機能が備わっています。 レイヤやチャンネルもあり高度な編集を求める方にとっては作業し易いソフトといえます。

メリットとデメリット

メリットは、これだけの多くの機能を搭載していながら価格は無料なので、有料版を購入する前に編集を体験できるところです。

デメリットは編集機能の多さにあり、これだけの編集機能がメイン画面に表示されているので、初めて編集をする方には画面が見づらいというところです。

おススメソフト3:iPhoto

iPhoto

特徴

iPhotoは写真の編集に特化したソフトで、人物を撮影した時に赤目になってしまった写真の修整、露出の調整や傷の修復などが簡単にできます。 編集した写真や画像は様々なカテゴリに分けて整理し易くなっており、iCloudを使って多くの方たちと共有することもできます。

メリットとデメリット

メリットは同じApple製品だけあって相性が良く、メイン画面がシンプルで見やすく使いやすいというところです。 他にもクイック修正などであっという間に写真を加工できるところがメリットでもあります。

デメリットは細かな編集機能が無く、高度な編集を求める方にとっては少し物足りなさを感じるといったところです。

おススメソフト4:PortraitPro12(ポートレイトプロ12)

PortraitPro12(ポートレイトプロ12)

特徴

PortraitPro12はMac写真編集ソフトの中でも人物写真の編集に特化したソフトで、人物のシワやてかりといった肌の気になるところを修正でき、更には顔の輪郭調整、髪の毛の色やボリュームなどの調整、目、鼻、唇などの調整もすることができます。 他にも被写体の年齢や性別などを自動で検出して修正することも可能になっています。

メリットとデメリット

メリットは人物写真に特化したソフトだけあって147の顔のパーツを検出することができ、この写真編集ソフトをMacに入れているプロやセミプロのカメラマンも多いといいます。

デメリットは風景写真などの人物写真意外の編集機能が少ないというところです。

おススメソフト5:Fantashow

Fantashow

特徴

Fantashowは写真や画像を様々な機能で、魅力的なスライドショーを作成できるところです。 テンプレートではコラージュ、フィルム、昔のフィルム、テーマにはトラベル、恋愛、スクラップブック、3Dにはキューブ、シリンダ、フォトの配列など、多彩なテンプレートがあります。

イントロ/クレジットではカーテン、ファミリー、ウエディングなど様々なテーマからスライドショーを作成することもできます。 他にもナレーションの挿入ができるのも魅力的です。

メリットとデメリット

メリットは様々なものに出力できることです。 iTunes、YouTube、iDVDなどに出力することや、様々な動画形式でDVD作成もすることができ、更にはFlashにも出力が可能となっています。

デメリットは機能が多い分、多少画面が見づらいといったところです。

このようにMacで画像や写真を編集できるソフト5選を紹介しましたが、私は、有料ですがFilmora 動画編集(Mac版)をおススメします。 Macで画像編集ソフトの無料を使っている方もいると思いますが、無料は制限が多くストレスを感じることがあります。

しかしFilmora 動画編集(Mac版)は、メリットにもあるように初心者から上級者まで幅広く対応した機能があるので、そのようなストレスを感じることはありません。 更に、このソフトが1つあれば自身の編集技術と共にソフトを買い換えなくても良く、経済的にも負担がかかりません。

皆さんも一度Filmora 動画編集(Mac版)を使えば、二度と手放せなくなることは間違いありません。

Mac版ダウンロード win版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

サイトマップ

Top