iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

クリスマスで撮った動画を編集する方法

2015年もいよいよ最後の月である12月に突入しました。 12月と言えば、クリスマスや大晦日、終業式や忘年会など季節イベントが目白押しです。 そうなれば当然、動画を撮影する機会も多くなります。 そして動画を撮影したならば、その後には動画を編集する作業が待っています。 今回は12月のメインイベントであるクリスマス動画に関して、その編集方法を説明して行こうと思います。

■クリスマス動画の編集に最適なソフトは?

クリスマスで撮った動画を編集するならば、それなりの機能を備えた動画編集ソフトを用意する必要がります。 動画編集ソフトはフリーのものから市販品まで多種多様ありますが、今回の説明で取り上げるソフトは次の「動画編集 プロ」というシェアウェアソフトです。 このソフトは、「簡単編集モード」という初心者用のモードが用意されており、これを使用すれば簡単にクリスマスの雰囲気を持った動画を作成できます。 また「高度編集モード」という玄人向けのモードもありますので、こちらのモードを使ってエフェクトなどを一つずつ自分で細かく設定して編集することも可能です。 搭載されたエフェクトもクリスマスにぴったりのものがありますので、まさにクリスマス動画の編集に最適なソフトと言えるでしょう。

■クリスマス動画の編集方法

それでは、「動画編集 プロ」を使用したクリスマス動画の編集方法を、各モード別に紹介して行きたいと思います。

Part1:簡単編集モードによる編集方法

Step1.「動画編集プロ」を起動し、「簡単編集モード」を選びます。

簡単編集モード

Step2.「メディアファイルを追加」タブを押し、「インポート」より撮影したクリスマス動画を読み込みます。

ファイルをインポート

Step3. 「テーマを選択」タブにて、お好きなテンプレートを選択します。

テーマを選択

Step4.「音楽を選択」タブを押し、オープニング・エンディングタイトルやBGMを設定して、上側のプレビューで確認します。

BGMを設定

Step5.「保存と共有」タブで「直接作成」ボタンを選択し、出力形式などを設定後、「作成」ボタンで動画を作成します。

作成

Part2:高度編集モードによる編集方法

Step1.上記手順1で「高度編集モード」ボタンを押すか(※)、手順5で「直接作成」ではなく「高度編集」ボタンをクリックします。 ※上記手順1から「高度編集モード」に入った場合は、その後に「追加」ボタンで動画を読み込み、右クリックメニューの「クリップを追加」もしくはド ラッグ&ドロップによりタイムラインへ動画を追加する必要があります。

Step2.「高度編集モード」画面の中央付近にある「テキスト」「エフェクト」「PIP」「トランジション」「イントロ/クレジット」「サウント」の各ボタンから、テロップや字幕の追加、映像の回転・拡大縮小・色調補正、エフェクトの挿入、ピクチャーインピクチャー、映像の切り替え効果、SE・BGMの追加などの編集を行います。

編集

※「エフェクト」ボタンでは、クリスマス動画の演出に最適な「Snow」(降雪エフェクト)や「Star」(星やイルミネーションの輝きに利用可能)などのエフェクトを挿入できます。

snow

Step3.編集が終わったら、画面右側にある「作成」ボタンを押し、出力形式などを設定してから動画作成を実行します。

作成



ホーム > 製品活用ガイド > topic > 動画や音声の加工編集 > クリスマスで撮った動画を編集する方法

サイトマップ

Top