iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ファスト&スローモーション動画の作り方

ファストモーション/ビデオクリップを速くするか、元の速度よりも遅く再生させるにもスピードアップ/ WindowsムービーメーカーとWindows Liveムービーメーカーで効果をスローダウンとして知られてスローモーションの効果で、あなたのビデオを面白くしていきます。

そこで、Wondershare『動画編集 プロ(Win版)』はビデオのスピードを調整できます。もちろん動画の再生速度、スピードアップ・スローダウンもできます。Wondershare『動画編集 プロ』の無料体験版がありますので、是非それをダウンロードして使ってみてください。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

 ステップ1.ビデオファイルを追加

主ウィンドウの「追加」をクリックし、このソフトにそれらを追加するには、コンピュータからビデオファイルを選択します。また、ファイルをユーザアルバムにドラッグアンドドロップします。

『動画編集 プロ』は、MP4、AVI、WMV、MOV、FLV、M4V、MPG、VOB、ASF、3GP、3G2、F4V、MPEG、TS、TRP、M2TS、MTS、TP、DAT、MKV、DV、MOD、NSV、TOD、EVOなどほぼすべてのビデオフォーマットをサポートしています。

動画追加

 ステップ2.ワンクリックでスピードアップ・スローダウン

次に、ユーザアルバムからタイムライン上のビデオトラックにビデオをドラッグしてから、ビデオ編集パネルを開くために追加されたビデオをダブルクリックします。スピードオプションを探し、ファスト/スローモーション効果がものになるかどうかが示されます。好きなように速度に調整します。

0.5:元の速度の半分(スローダウン、ハーフ)

1:元の速度

1.5:1.5倍の元の速度(スピードアップ、1.5×速度)

2:元の速度(スピードアップ、ダブル)をダブル

また、音量・音程を調整することが一番下にある「オーディオ」タブをクリックします。フェードイン・フェードアウトを設定してエフェクトを調整します。

動画速度調整

   ステップ3.ビデオをエクスポート

ビデオの速度を調整し終わったら、「作成」をクリックします。「形式」をクリックすることで、任意のフォーマットで保存できます。iPod、iPhone、iPadで再生したい場合は、「デバイス」をクリックして、デバイス用のアイコンを選択します。

また、YouTubeにビデオを共有したり、DVDディスクにビデオを書き込むこともできます。

動画エクスポート

ヒント:

ファストモーションとスローモーションのビデオエフェクトに加え、また、音声を変更する速度とオーディオのピッチを変更することができます。是非それを試してみてください!

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 他の動画編集 > ファスト&スローモーション動画を作る

サイトマップ

Top