iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
<span></span>

忘年会・新年会用ビデオエフェクト紹介


さて新年も近づき、忘年会や新年会の時期となりましたが、皆さんの中にはこれらの宴会の幹事や準備、余興などの出し物を任されている人も多いのではないでしょうか。 忘年会・新年会でどのような余興を行えばよいのか迷っている人は、最近の時流として、ビデオを流すのをオススメします。 タブレットやちょっとした小型モニターでも持ち込めば簡単にビデを流すことは可能ですし、大きな宴会場なら使用可能なテレビなども設置されていることでしょう。

個人による動画作成が一般的になってきた現在、宴会で自作のビデオを披露するのは、なかなか良い余興の一つであると思います。 また、忘年会や新年会の会場で流すビデオだけでなく、宴会の様子を撮影したビデオを後日編集する機会などもあるかと思います。 スマホの普及により動画撮影が手軽に行われるようになりましたので、余興用のビデオ作りよりも、むしろこちらの方が多いかもしれません。

そんなこんなで忘年会や新年会に関わるビデオを作る人はけっこう存在すると思いますので、今回はそんな人たちのために、忘年会・新年会用ビデオエフェクトの紹介をして行きたいと思います。 宴会用ビデオの作成に是非活用してください。

■忘年会・新年会ビデオのエフェクトには動画編集ソフトを使おう

ビデオのエフェクトを自分自身で一から作ろうとすると、ものすごく大変です。

効果や絵などを自分で考えて作成するのは、素人にはほとんど無理だと言ってもいいと思います。

そこで素人でも簡単にビデオエフェクトを挿入する方法として、動画編集ソフトのエフェクト機能を使用することをお勧めします。

次で紹介するソフトでは、デフォルトで忘年会や新年会ビデオに使えそうなエフェクトがたくさん用意されているので、それらを積極的に利用していきましょう。 以下に、ソフト毎のエフェクトの探し方や使い方などを紹介します。

Part 1●PhotoMovie Studio 6 Pro

≪エフェクトの使用方法≫

1.PhotoMovie Studio 6 Proを起動し、編集したい動画を読み込み後、「編集」タブで動画編集画面を開きます。

2.左上の効果一覧から「エフェクト」を選択し、エフェクト一覧から自分の動画に使えそうなエフェクトを探し、「適用」ボタンで反映させます。 ※挿入したエフェクトはタイムライン上で表示時間やタイミングなどの詳細を設定できます。

3.左上の効果一覧から「クリップアート」を選択し、一覧から自分の動画に使えそうなクリップアートを選択し、「適用」ボタンで反映させます。

※他にも「モーション」や「トランジション」でも様々な演出を追加できますので、いろいろ試してみましょう。

Part 2●動画編集 プロ 

≪エフェクトの使用方法≫

1.動画編集 プロを起動し、「高度編集モード」で編集したい動画を読み込みます。

2.画面中央付近にある「エフェクト」を押し、「フィルム」「様式化」「スペシャル」「ネイチャー」のエフェクト一覧から使えそうなエフェクトを選択し、タイムライン上にドラッグ&ドロップでエフェクトを挿入し ます。 右クリックメニューの「編集」から、各エフェクトの詳細を設定できます。

3.画面中央付近にある「PIP」(ピクチャーインピクチャー機能)を押し、「飾り付け」「笑顔」「パーティー」「フレーム」のピクチャー一覧から使えそうなピクチャーを選択し、タイムライン上にドラッグ&ドロップで挿入し ます。

※同様に「テキスト」「イントロ/クレジット」などからも使えそうなエフェクトが無いかどうか探してみましょう。


ホーム > 製品活用ガイド > topic > 動画や音声の加工編集 > 忘年会・新年会用ビデオエフェクト説明

サイトマップ

Top