iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

動画をトリミング/カットするソフト TOP5

今回は、動画のトリミング、という観点から、動画編集の基本的な操作となるトリミングをそれぞれソフト毎にメリットデメリットなどをご紹介したいと思います。

動画をトリミングするソフトの中でも、フリーソフト、メーカー提供のWindows ムービーメーカーやiMovie、そして有償ソフトで見ていきます。

動画トリミングソフトTOP1:Wondershare 動画編集 プロ

メリット
有償ゆえに高機能であるが安価である。
Windows版、Mac版(ただし名称が変更になっています)が存在している。
トリミングの操作としては、タイムライン上にあるデータを選択したら、鋏ボタンをクリックして必要箇所を指定するだけの簡単操作です。

デメリット:有償です。

mac 動画編集ソフト

  • *多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • *トリム、クロップ、BGM追加など多様な編集機能
  • *豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • *イントロ、クレジットやエフェクトで個性的な動画作成
  • *Macへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力

Mac版ダウンロード win版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

動画トリミングソフトTOP2:Freemake Video Converter

Freemake Video Converter 動画トリミング

メリット
  鋏ボタンをクリックして、スライドバーで「削除したい」範囲を指定していくだけの簡単操作。
デメリット
  「削除したい」範囲を指定して削除していくので、残したい部分との勘違いが起きやすいでしょう。
  また、使用できるコーデックに限りがあって、使える編集内容も多少不自由さを感じます。

動画トリミングソフトTOP3:Videopad

動画トリミングソフト Videopad

メリット
操作は簡単(ソフトの構成自体がシンプルです)
フレームに出てくる枠を左右に操作してトリミングするか、クリップを分割して不要箇所を削除する方法で、たいていの動画編集ソフトと
同じコンセプトで操作ができる。(トリミングする時間を指定することでの操作も対応しています。これもほかのソフトでもたいていできますね。)

デメリット
無料で使える期間が設定されているので、期間を過ぎたら機能制限があること。

動画トリミングソフトTOP4:iMovie

動画カットソフト iMovie

メリット
アップル提供のソフトであること。
タイムライン上のデータをダブルクリックしたら編集モードになり、そこでクリップの開始と終了位置にマウスを 移動させると矢印マークになるので、それを左右に移動させて必要なところだけを残すだけの操作です。

デメリット
iPhoneユーザーはWindowsマシンを使っている人にも多いので、WindowsマシンでもiPhoneで撮影した
動画データを編集したい場合に、iMovieはMac版しかないこと。

動画トリミングソフトTOP5:Windows ムービーメーカー

動画トリミングソフト Windows ムービーメーカー

メリット
マイクロソフト提供のソフトであること。タイムライン上のデータで必要箇所を選択して開始と終了位置を指定して操作できる点。

デメリット
OSによりインターフェースが異なるムービーメーカーが存在することもあり、また、最新のWindows10用には バージョンアップされたという情報がない。
DVDに書き込むところまでは操作できない。

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 動画結合・分割・圧縮 > 動画をトリミング/カットするソフト TOP5

サイトマップ

Top