iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Filmora 動画編集でMP4動画からMP3音声の抽出

手元のデバイスで、いつでも音楽や動画を楽しめる時代になりましたが、電波の届かないところで楽しみたかったり、自分なりの再生リストを作ってYoutubeの動画や音声を楽しみたいと思いますよね。

今ではアーティストの公式サイトで新曲のPVやMVをYoutube上で視聴できるし、それらをダウンロードして手元のデバイスで楽しめたら、より通勤通学の時間が楽しいものになりそうです。

ではどのようにしてYoutubeの動画をダウンロードし、音声を取り出したらよいでしょうか。

Part 1:PCでYoutubeから音声を抽出するソフト-「動画編集 プロ」

まずおすすめは「スーパーメディア変換!(Windows版)というソフトを使ってYoutubeの動画をダウンロードし、そのデータを「Wondershare 動画編集 プロ」で取り込んで映像と音声に分けて抽出する方法です。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

「スーパーメディア変換!(Windows版)」でのYoutubeの動画ダウンロードの手順は次の通りです。

1.スーパーメディア変換を起動して、 「ダウンロード」タブをクリックします。

Youtubeから音声を抽出

2.ダウンロードしたいYoutubeの動画のURLをコピーし、スーパーメディア変換の「URLを追加」をクリックして出てきたダイアログにURLをペーストします。

Youtube URLをペースト

4.保存先と出力形式を指定して「OK」をクリックしたらダウンロードと保存が始まります。
 出力形式では、タブ形式の画面が開きますので、「フォーマット」でMP4やMP3など適宜設定します。
 なお、直接デバイスにも保存できるので、あえて音声データを編集せずに単に分離して音声だけを楽しみたい場合はここまでの操作で十分かもしれませんね。

ユーチューブ 音声抽出

続いて、スーパーメディア変換で保存した動画データを動画編集プロで取り込みます。

1.動画編集プロを起動させて、高度編集モードで開きます。

youtube 音声 抽出

2.動画データをドラッグアンドドロップでメディアライブラリに取り込んで、さらにタイムラインにドラッグアンドドロップします。

Youtubeから音声を抽出

3.タイムライン上に置いたクリップを右クリックして、「オーディオ分離」をクリックしてユーチューブの動画データから音声抽出が完了します。

youtube 音声 取り出し

この動画データから取り出した音声データは、そのまま動画編集プロで、他の動画データとともに編集できるので、汎用性、活用性がぐんと上がります。

Part 2: オンラインでYoutubeから音声を取り出す方法

一方で、直接オンラインでYoutubeの動画から音声を抽出する方法を見てみましょう。

Apowersoft音声録音フリーツールを使うと、動画をダウンロードしないでも直接インターネット上からオンラインでYoutubeの音声をダウンロードできます。正しくは、PCで鳴らしている音を録音する(WAV、MP3、WMA、AAC、OGGフォーマットにて)というソフトです。

Apowersoft音声録音フリーツールの公式ページで「レコーディング開始」もしくは「デスクトップバージョンをダウンロード」をクリックします。ここから先はApowersoft音声録音フリーツールが起動しているという前提ですが、ツールバーの「音声入力」から「システムサウンド」にチェックを入れます。

オンラインでYoutubeから音声を取り出す

Youtubeを再生して、必要な個所に来たらApowersoft音声録音フリーツールの「録音」ボタンをクリックします。停止したら、自動的にMP3フォーマットのデータで保存されます。

オンラインでYoutubeから音声を取り出す

録音レベルは事前に調整でき、出力においてもクオリティを調整できるので、シンプルでそれなりに使い勝手の良いソフトではあります。とはいえ、再生している音を録音するので、前述のスーパーメディア変換と「Wondershare 動画編集 プロ」を使っての、動画データから音声を抽出するのとは違って、若干聴きごたえに差が出てしまいますね。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

サイトマップ

Top