iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

花火大会の思い出をスライドショーに凝縮

夏と言えば、花火!ですよね。もちろん自宅の庭や河原で仲間と一緒に買ってきた花火をやって盛り上がるのも良いですが、プロの花火師が打ち上げる豪華な花火大会はいくつになっても心弾みます。

最近のカメラやビデオは性能が高く、素人でも花火を綺麗に撮ることができるようになりました。しかしせっかく撮った写真を整理しないで放置しておくのはもったいないと思いませんか?そこでカメラに収めた夏の思い出を残すのにおすすめの方法が、スライドショーとして残すというものです。厳選した写真をビデオの形に編集し直せば、後から見たときの感動も倍増です。

今回ご紹介するWondershare「PhotoMovie Studio 6 Pro(Win版)なら、これひとつで写真編集とスライドショー作成をまとめてできます。以下にその手順を示しますので、ぜひ無料体験版をダウンロードしてその手軽さを体感してみてください。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

Step 1 ファイルを取り込む

ソフトのインストールが完了したら、起動後「フォトムービーモード」を選択します。入力画面中央の「ファイルを追加」のボタンの右側にある「▼」のアイコンをクリックすると、選択肢が3つ表示されます。

①「写真の追加」をクリックして、スライドショーに入れたい写真を取り込みます。

②「空白クリップの追加」をクリックして、タイトルなどを表示するための画面を導入します。クリップの編集画面では、背景の色やグラデーション、テキストなどを編集できます。

③さらにPC以外のデバイスの写真を使いたい場合には、「デバイスから追加」をクリックしてください。

花火思い出

Step 2 写真を編集する

編集したい写真をクリックして選択し、プレビュー画面下の帯にある回転のアイコンをクリックして正しい向きに直します。隣の「編集」をクリックすると、編集画面が開いて色調整などができます。テキストタブをクリックすると、写真の上からテキストを表示させることができます。

編集画面上のサムネイルをクリックすることで、他の写真を編集することもできます。全ての写真の編集が完了したら、右下のOKボタンをクリックして終了します。

写真編集,スライドショー

Step 3 スタイルを追加する

メイン画面上部の「編集」タブをクリックし、画面左の一覧から好きなスタイルを選ぶと、雰囲気に合わせた演出が楽しめます。一枚ずつにスタイルを設定したい場合は、写真を選択してからスタイルを選択します。

スライドショー作成

Step 4 様々な要素を追加する

「スタイル」の下の「クリップアート」のタブをクリックすると、クリップアートを追加できます。編集画面で位置や大きさ、透明度を設定してOKボタンをクリックしてください。

「エフェクト」タブをクリック、タイムライン上でエフェクトを追加したいタイミングを選んでエフェクトを適用すると、ハートが舞うなどの効果が入ります。

「サウンド」タブではタイミングを指定して音楽を再生することができます。

「クレジット」タブでは、オープニングとエンディングが編集できます。クレジットの背景画面は好きな画像に差し替えることができます。

花火スライドショー

Step 5 ムービーを作成する

全ての写真の編集が完了し、プレビュー画面で仕上がりを確認したらメイン画面上部にある「作成」タブをクリックします。画面右側でメニューのフォーマットを選び、お好みで背景の画像などを編集してください。

最後にムービーの書き出しを行います。書き出しの仕方はDVDを作成、保存形式を指定、再生したいデバイスを指定して保存、動画の直接アップロード(Facebookなど)から選べます。各画面に従って保存を完了させてください。

スライドショー作成

これでスライドショーは完成です。いかがでしょうか? 細かい編集は省略してしまっても十分完成度の高い作品になります。それではぜひ今年の夏の思い出を素敵に残してください!

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > ムービー・スライドショー作成 > スライドショー作成 > 花火大会の思い出をスライドショーに作成

サイトマップ

Top