iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone iOS9へアップグレードする時に、本体の空き容量はどのぐらい必要

iOS 9のダウンロードサイズ

新しいOSの容量についてはどうでしょう。 iOS 8 は4.6GBの空き容量を必要としていました。もともと8GBや16GBしかないデバイスに、そもそもそんな余力は残ってなかったのです。このせいで多くのユーザーがiOSデバイスのアップデートを断念し、全世界のiOSアップデートのスピードを遅らせた要因のひとつでした。

おそらくアップルはこの事象をなんとか避けようとするはず。だからiOS 9はこれまでのiOSより小さいサイズになるはずであると期待しています。

ヒント:iOS 9デバイスの空き容量を解放するなら、スマホデータ完全消去の1-clickクリーンアップ機能でスペースをリリースしましょう。
まずは無料体験をダウンロードして試してみませんか。

iOS 9ではデータ容量が圧縮され、アップデートに必要とする

今回伝えられるところによると、何らかの新機能はやはり追加されることにはなるものの、そちらはあくまでも副次的な要素であり、その真髄はバグ修正と安定性向上の2点にあるとのことです。

またGSMArenaは、iOS 9ではデータ容量が圧縮され、アップデートに必要とする 「空きデータ容量」 が軽減される可能性も指摘。特に内蔵メモリの少ないモデルにおいては、そのあずかる恩恵は小さくなさそうです。

ストレージ問題

現在サポートされているiPhoneの最小ストレージ容量は16GBですが、iOS 8のアップデートを行おうとするとOS自体のデータは1.1GBほどでしたが、実際にはiPhoneに5.8GB以上の空き容量が必要になってしまい、アップデート出来ない人が続出しました。

iOS 9のストレージ容量

これもiOS 9でコア版がリリースされるようであれば、もっと少ない容量でアップデートが出来るようになると思います。

ストレージ容量は、iPhone 6でも16GB版が販売されているのですが、iPhone 6シリーズにiOS 9のコア版が搭載されることはないかなと思いますので、iPhone 6シリーズをお使いの方はある程度ストレージを整理しておく必要がありそうです。

アップルの公式サイトで今回のiOS 9のアップデートサイズは1.3GBで、またダウンロードしたアップデートを解凍する必要がないので、アップデートのために必要な空き容量が少なくなります。

しかし、実際にアップデートする際に、いくらほどの空き容量が必要があるかまだはっきりいえないと思います。

空き容量を解放する方法

iPhone/iPad/iPodユーザーは、iOS9にアップデートする際、本体の空き容量が足りないことを心配する方、iPhone上の削除されたデータやジャンクファイルを削除するソフトスマホデータ完全消去を使ってみてくださいね。

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > topic > iOS新バージョン関連 > iPhone iOS9へアップグレードする時に、本体の空き容量はどのぐらい必要

サイトマップ

Top