iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

スマートメディアの紹介

SDカード復元できます

いろいろとメモリーがたくさんありますが、その中でもスマートメディアというものがありますが、どんなものでしょうか。

正式名称は、半導体フロッピーディスクカードといいます。

現在はSMと呼ばれています。

サイズが、長さ45mmで幅が37mmで高さが0.76mmとなります。

データー容量も小さなもので500KBから64MBまで多種にわたります。

1997年に500KBのスマートメディアが販売歌詞されてから、2000年に64MBのスマートメディアまで登場しています。

より便利になっています。

各容量のもので、1MB・4MBは、そもそもページサイズが256バイトから512バイトに変更されたので4MBまで対応できるようになりました。

8MBが発売されて、電源電圧が3.3Vのみに変更されたことで、デバイスが対応できないものが出てきました。

16MBが出されたことで、ブロックサイズが変わり、対応できない装置が続出しました。

スマートメディアの容量が増えるごとにいろいろと問題が発生してきています。

基本としては、デジタルカメラ用の記録メディアとして主流となっています。

NANDがたのフラッシュメモリーを薄いプラスチックのカードに封入した物です。

NAND型フラッシュメモリーというのは、東芝が提唱するフラッシュメモリ-のアーキテクチャーであって、NADAを売るために作られた物がスマートメディアと言えます。

有料音楽のダウンロードした時にスマートメディアにコピーしてMP3プレーヤーで音楽を楽しむのに利用しています。

その後、ID付きのスマートメディアが出てきて、ID機能を利用しない機器でもID機能付きスマートメディアが利用されるようになってきました。

その後、徐々にID機能なしスマートメディアが消えていっています。

スマートメディアを記憶装置として採用したメディアとしては、東芝では、PDA・1997年以降のワープロ・MP3プレイヤー・ヘッドフォン一体型MP3プレイヤーなどがあります。

デジタルカメラやICレコーダーでは、富士フイルム・リコー・オリンパス・三洋電機・セガなどの製品に対応しています。

富士通のOASYSにも対応しています。

カシオの製品としては、デジタルカメラ・キーボード・電子ピアノなどにも対応しています。

楽器のヤマハの、エレクトーン・シンセサイザー・クラビノーバ・ポータトーン・Muma・サウンドスケッチャーなどにも対応しています。

ゲームやおもちゃなどにも採用されていて、マリオのふぉとびーなどにも対応しています。

スマートメディアの構造はどのようになっているのでしょうか。

構造は非常に単純にできていて、コストが非常に安くできるという利点があります。

コントローラーが機器側に内蔵されているという事でもコストカットに繋がっています。

ただ、カードと機器の接続部分がむき出しになっているため、問題が発生するというデメリットもあります。

スマートメディアは他の記憶媒体に比べて安価で購入できるという利点があり。その利点の価格としては、500円前後から1500円程度で購入できるものがほとんどです。

だれでも、気軽に購入することができます。

現在見かけるかくメーカーのスマートメディアの価格帯としては、オリンパスが販売している64MBのもので842円、オリンパスの32MBのもので518円を代表の、どこの販売店でも同じような低価格で販売されていて、非常にリーズナブルな価格になっています。

最近では、量販店でさまざまなスマートメディアが販売されています。

Wondershare データリカバリー - データ復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えたデータを取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力なスマートメディアデータ復元機能
②スマートメディアにある、550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

ホーム > 製品活用ガイド > IT系 > 科技知識 > スマートメディアの紹介

サイトマップ

Top