iOS 11アップデートX

MacでUSBメモリから消えてしまったデータを復元する方法

MacでUSBメモリのデータを復元する方法

「いつも使っている大事なUSBメモリが壊れて、データが消えてしまった!」大事な仕事のデータや学校のレポートなど必要なデータがたくさん入っているUSBメモリが壊れてしまったら、あなたならどうしますか?

バックアップを取ってあったら問題ないですが、もし取っていなかったら…… 考えただけでもゾッとしますよね? ですが、ご安心を!バックアップを取っていないUSBが破損したり、故障した場合、簡単に消えてしまったデータを復旧・修復できるソフトがあります。

『データリカバリー(Mac版)』を使えば、USBメモリのデータを簡単に修復することができます。 まず、『データリカバリー(Mac版)』をインストールして起動します。

使い方は簡単!下記から、無料ダウンロードして試用してみましょう!

Mac版ダウンロード        windows版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

注意:データの上書きを防ぐため、データが失われたディスクに、「データリカバリー」(Mac版)をインストールしないでください。

『データリカバリー(Mac版)』を使ってMacでUSBメモリのデータを復元!

   ステップ1:USBメモリ復元ソフトを起動して、USBメモリから復元したいデータのタイプを選択します。

あらかじめ、USBドライブに復旧したいUSBメモリを差しておきます。『データリカバリー(Mac版)』を起動して、USBメモリから復元したいデータのタイプを選択します。

USBメモリから復元したいデータのタイプを選択

   ステップ2:削除したデータの元の保存先を選択します。

次は、削除したデータがあった保存場所を選択します。今回はUSBメモリからデータを復元しますので、「外付けドライブ」からUSBメモリを選択します。

削除したデータの元の保存先を選択

   ステップ3:USBメモリの削除したデータをスキャンします。

「スキャン」をクリックすると、自動的にUSBメモリの消えてしまったファイルやデータを検索してくれます。USBメモリのスキャンが終わったら、復元したいファイルやデータを選択します。

ヒント:

フォーマットされたディスクに失われたデータを復元したい場合は「ディープスキャン」で再度スキャンしてみてください。スキャン完了後、復元必要とするファイルをプレビューできます。

失われたファイルの復元:USBのデータスキャン

   ステップ4:MacでUSBメモリの削除したデータをプレビュー復元します。

 Macユーザーにはお馴染みのカバーフローやサムネイル表示に対応したプレビュー画面で、復元したいファイルを選ぶことができます。 復元したいファイルにチェックを入れたら、あとは「復元」をクリックするだけです。 ドキュメントはもちろん、音楽や画像、動画などあらゆるデータを簡単な操作で復元することができます。

MacでUSB復元

 写真、ドキュメント、Eメール、一部の動画・音声ファイルがプレビュー可能。復元を開始する前に、ファイルの有効性を確認することができます。

MacでUSBを復旧・修復できる安心感!

USBメモリは手軽に持ち運べる便利な記録媒体です。しかし、手軽に持ち運べるからこそ、故障やデータの破損などのリスクがあります。 そんな不安も『データリカバリー(Mac版)』があれば解消できます。

MacでUSB復元

簡単にMacでUSBを復活できる『データリカバリー(Mac版)』はMac専用のデータ復元ソフトです。 大切なデータが消えてしまい、諦めるのではなく『データリカバリー(Mac版)』でデータを復旧させましょう!

『データリカバリー(Mac版)』使い方は非常に簡単なので、パソコン初心者でも迷うことなく使うことができます。

Mac版ダウンロード        windows版ダウンロード

関連記事

iPadがまさかの水没!それでもデータを復元できるソフトの紹介

iPadが水没して壊れてしまっても、iTunesにバックアップがあればiPhone・iPad・iPodデータ復元ソフト『Dr.Fone for iOS(Win版)』を使って、簡単に水没したiPadデータだけ復元することができます。

10.01.2017 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > USB復元 > MacでUSBメモリから消えてしまったデータを復元する方法
Top