iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

macOS Sierra新機能・アップデートなど

macOS Sierra対応機種・最新機能のまとめ

macOS Sierraという最新OSがAppleから提供されているのですが、このmacOS Sierraを入れることでパソコンでの作業環境が大幅に変わると言われているくらい新機能がついています。特にSiri機能の進化です。Siriが、デスクトップで活躍する新しい機能を持ってMacにやってきます。macOS SierraがあなたのMacをさらに賢くする方法はそれだけではありません。

そのためこのmacOS Sierraにアップデートして変更したいと思っている方が多く、変更するにあたって必要な情報を知りたいと考えている方が多いので、ここを詳しく見ていきたいと思います。

Part1.macOS Sierraの対応機種

macOS Sierraの対応機種ですが、現在情報内で分かっている事はMacBook 、iMac、MacBook Air、MacBook Pro、Mac Mini、Mac Proトなっており、いずれも2009年~2010年に開発されている物となります。

これ以外のパソコンにmacOS Sierraをインストールしようとすると、ハードが対応していないやパソコンのパフォーマンスが対応していない等、色々な理由が重なり、インストールできない可能性が非常に高い状態になります。

そのため、macOS Sierraをインストールする際はパソコンが対応しているかを詳しく調べる事をお勧めします。

macOS Sierraの対応機種

Part2.macOS Sierra新機能のまとめ

macOS Sierra新機能ですが、なんといっても既にiPhoneやiPadでは実用されているsiriを使用して作業をする事ができる事にあります。

ワードやエクセルで作業をしながら、siriに話しかけて、必要な情報を検索するなど、いちいちブラウザやソフトを立ち上げることなく、必要な情報を知る事ができるのです。

つまり、siriがサポート役として大活躍してくるので、今までより大幅な作業負担を減らす事が出来ますし、より良い環境で作業をする事が出来ます。

何よりmacOS Sierraでは、手と声で同時に作業ができるのは、作業の効率さを上げるだけではなく、作業の品質も挙げる事ができるので、仕事をしている人を中心に人気のあるOSになっています。

Part3.macOS Sierraのデータが消える場合

そんなに魅力的なmacOS Sierraですが、絶対早くmacOS Sierraにアップデートして利用する方が多いと思います。
関連記事:MacOS Sierraアップデートする方法

心配なのはmacOS Sierraにする事によってデータが消えてしまう可能性がある事になります。
特にmacOS Sierraはバージョンアップではなく、機能自体が大幅に変更になるので、その機能に対応できない物は削除される可能性があるのです。
そのため、もしもという時に復元ソフトを用意しておく必要があります。

それはWondershareデータリカバリー(Mac)になります。

データリカバリー(Mac版)はあらゆる外部メディア、多種類のファイル形式に対応しており、データ損失のあらゆる場面にも対応して復元してくれます。

つまり、どんな状態でデータを紛失しても復元できますし、復元する際に対応していないファイルのため復元ができないという事もないのです。

また、あらゆる場面で失われたデータを復元してくれるのは、凄く嬉しい機能で今回のmacOS Sierraを新規でインストールしたことにより、失われたデータも安全に復元する事が出来ます。

macOS Sierraのデータが消える場合

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー  

購入データリカバリー(Mac版) 購入データリカバリー(Win版)

ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > Macデータ復元 > macOS Sierra対応機種-macOS Sierra対応機種などの最新情報

サイトマップ

Top