iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ムービーメーカーを利用してDVDの焼き方を紹介

ムービーメーカーでDVDを作成する方が多く、ほとんどの方が思い出として保存するためにDVDにしている方が多いのです。
そのためムービーメーカーを利用してDVDへの焼き方を紹介したいと思います。

・ムービーメーカーを利用してのDVD焼き方

Windowsのムービーメーカーを利用してのDVDの焼き方ですが、保存する際にDVDとして保存するという選択をする事で対応できます。
DVDはiSOのイメージファイルとして、保存することで、DVD再生機を利用することでそのまま再生されます。
もし、ここでiSOのイメージファイルとして変換しないと、DVDに焼いてもDVD再生機では再生できないのです。
ここは注意が必要な部分で、実際にムービーメーカーを利用してのDVDとして保存する場合はよく確認しましょう。

しかし、ムービーメーカーでDVDとしての焼き方を選択するのが難しいと考える方多いかと思います。特にWindows8では実際に使用する時にめんどくさく、仕様の仕方で迷う方多いかと思います。
そんな方に紹介したいのが、Windowsのバージョンに左右されず、DVDにデータを焼く事ができる『PhotoMovie Studio 6 Pro』になります。

windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

・PhotoMovie Studio 6 ProでのDVD焼き方

『PhotoMovie Studio 6 Pro』はサポートが非常に細かく、Windowsのバージョンが新しくなっても影響が出ないようにしてくれるのです。
そのため、ムービーメーカーのDVDの焼き方のvistaバージョンやムービーメーカーのDVDの焼き方のxpバージョンでも環境に変更なく使用できます。
PhotoMovie Studio 6 ProはWindows8のムービーメーカーのDVDの焼き方よりも非常にシンプルに対応できます。
PhotoMovie Studio 6 Proに動画や写真を取り入れて、自分用に編集して、保存したいと思ったと時に、DVDとして保存するという方法を選ぶことでDVDに焼く事が出来ます。

これはWindowsのバージョンが変更になっても同様の方法でPhotoMovie Studio 6 ProはDVDに焼く事が出来るので、いちいち変更になるのが嫌だという方に相応しいのです。
初心者だからもう少し簡単な操作でDVDとして保存したいと考えている方は、PhotoMovie Studio 6 Proを使用する事をお勧めします。

PhotoMovie Studio 6 ProでのDVD焼き方


『PhotoMovie Studio 6 Pro』はムービーメーカー2012のDVDの焼き方よりも簡単な操作で対応する事ができるようになっています。

windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード
ホーム > 製品活用ガイド > ムービー・スライドショー作成 > フォトムービ作成 > ムービーメーカーを利用したDVDの焼き方

サイトマップ

Top