iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

データリカバリーのレビュー3

先日、同僚の業務用パソコンがウイルスに感染する事態となり、部内が大騒ぎになりました。幸い、感染に気付いたのが早かったので部内に拡散することもなく、スムーズに沈静化したのですが、一歩間違うと部内、社内で二次感染してしまう事態になるので、危機管理のガイドラインの再徹底などが行われました。

実はウイルス騒動がおさまってからが問題でした。まさに作業していたExcelファイルが完全に壊れたようで、全く開くこともリカバーオープンすることもできなくなってしまったのです。彼の数時間が無駄になるだけならよいのですが、バックアップも同じパソコン上にあったために、ウイルスに感染してしまい開けなくなってしまったのです。客先から同じデータをもう一度頂くことはできず、何とかファイルの修復を試みることになりました。

同僚と一緒に情報を集めていきます。フリーソフトもあることはあるのですが、今回ばかりは信頼性のあるソフトでないと怖くて使うことができません。そこでウェブ上のレビューで評判のよいWondershareというメーカーのデータリカバリーというソフトを購入して使用してみることにしました。

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

このソフトはハード的に壊れていてもデータの救出が可能ということです。

実際に指定するのは復元したいファイルの種類と復元したいファイルがあった場所の2項目だけ。いずれもわからない場合はすべてのファイルとフォルダを対象に実行することもできます。

相応の時間はかかりましたが、無事に目的のファイルをスキャンすることができ、復元し、パソコン上に復元することができました。作業直前にバックグラウンドで走った保存データまで、データ復元できていたので、今回の目的は十分に果たせました。

ウイルス感染などというと駆除の方面ばかりが対策にあがりますが、実際にはデータが無事に復旧できてようやく回復といえるということを実感しました。

Wondershare データリカバリー (Japanese)(Win版)

今回使用した「データリカバリー」というソフトは、非常に簡単なウィザード形式で指示が行えることと、サポートセンターへの質問フォームがウェブサイト上にあり、サポートが頼りになる点がビジネスユースに十分対応できると思いました。

また、実際にデータ復旧できるファイルの種類は550種類以上ということで、あらゆるファイルが救出できる秀逸なソフトです。

金額も数千円ですから、危機管理という意味でウイルス対策ソフトと合わせて準備しておくと万全かと思いました。大変お世話になりました。


 

サイトマップ

Top