iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

花火をビデオカメラできれいに撮る方法とビデオ作成

夏の風物詩ともいえる花火ですが、ビデオカメラで撮影した時にブレていることやピントが合っていないなど、きれいに撮影できないという方も多いと思います。

そこで、花火をビデオカメラできれいに撮る方法を紹介します。

win版ダウンロード   Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

①・きれいに撮るための道具

動画をきれいに撮る為に三脚は欠かすことのできない道具です。

三脚には様々ありますが、水準器が付いているものがお薦めで、水準器が付いている三脚を使うことで花火が垂直に上がる映像が撮影できます。


②・撮影モードを使用して花火を撮影する場合

最近のビデオカメラには「花火モード」という機能が付いているものもありますが、「花火モード」が無いビデオカメラは「夜景モード」や「夕日モード」などに設定にします。

③・マニュアルモードを使用して花火を撮影する場合

マニュアルモードで撮影する場合、使用するビデオカメラによって違いはありますが、ホワイトバランスは太陽光や屋外に設定し、感度は0db、フォーカスは無限に設定します。

しかし、その場所に合わせて細かな調整をおこなうことも大切です。

他にも撮影モード、マニュアルモード共通のテクニックとして、風上から撮ると煙に邪魔されずきれいに撮ることができ、長回しをしないことで花火の合間の不要な時間をカットすることができます。

このように花火をビデオカメラできれいに撮る方法を紹介しましたが、多くの方は撮影した動画をそのまま鑑賞することや、DVDに保存していると思います。

④・トランジッションなどの機能を使ってきれいな動画にしましょう

トランジッション機能はシーンの切り替えができる機能で、そのパターンも数多くあり、この機能で場面の転換をすれば、きれいな花火の動画がより一層きれいなものに仕上がります。

・オーディオ編集でお気に入りの動画にしましょう

「オーディオ分離」は動画と音楽を分離させ、分離した音の再生速度やボリュームの調整、更にはフェードインやフェードアウトの設定ができます。

他にもサウンド機能でお気に入りの音楽を挿入することができます。

この機能を使えば、きれいな花火の動画にお好みの音楽を入れて、迫力ある花火の動画や趣のある花火の動画に仕上げることができます。

・分割やクロップで不要な部分を切り取り、お気に入りの動画にしましょう きれいに花火の動画を撮影しても、花火と花火の間隔時間が長いといった場合や、動画に不用な人物などが入ってしまうこともあります。 そのような場合、分割機能で不要な間隔を切り取って必要な間隔だけにすることができ、クロップ機能で不要な人物などを切り取ることができます。

このように「動画編集プロ」は動画をより一層良いものにしてくれる優れたソフトです。

もちろん編集した動画はDVDに出力して保存することもできますが、FacebookやYoutubeにアップロードすることもできるので、あなたのお気に入りの動画を世界の人に見てもらうこともできます。 「動画編集プロ」を使えば動画を今まで以上に楽しめるようになるでしょう。

win版ダウンロード   Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 動画の編集ソフト > 花火をビデオカメラできれいに撮る方法とビデオ作成

サイトマップ

Top