iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ソニーのブルーレイの詳しい紹介

最近はテレビの地上デジタル放送や、ハイビジョンで撮影できるビデオカメラなどが普及し、高画質の映像が当たり前になってきました。テレビの録画や大事な映像を保存用として残しておく場合は、DVD、またはブルーレイディスクを使います。両方とも普及してからずいぶんと経ちますが、この二つの違いはどのようなものなのでしょうか。現在ではブルーレイの方が主流になり、DVDは少なくなりましたが、それぞれの特徴と違いをみていきたいと思います。

まず、ブルーレイとDVDの大きな違いは画質にあります。なんとなくブルーレイの方が映像が綺麗というのは知っている方も多いと思いますが、細かく調べると画素数がかなり違います。DVDは約35万画素、それに対してブルーレイは約200万画素となっていて、倍以上の差です。鮮明で立体感がある映像を楽しみたいなら、ブルーレイを選ぶようにしましょう。ディスクの見た目はほとんど変わりませんが、容量の違いは大きいです。DVDの容量が片面2層のもので8.5GBなのに対して、ブルーレイは片面2層で50GBあります。容量が大きければ記録できるデータ量や録画時間もその分長くなるので、ブルーレイの方が圧倒的です。最近では100GBのブルーレイも登場しており、より多くのデータを扱うことができます。ブルーレイを再生できるプレーヤーも多くなり、パソコンで再生できるものも一般的になりました。

次に、地上デジタル放送などを録画したい場合は、ブルーレイレコーダーを使います。ブルーレイレコーダーはDVDにも対応しているものが多く、両方のディスクで再生、録画することが可能です。機種のスペックにより値段は変わってきますが、安いもので3万円程、高いものだと10万円以上するものもあります。ブルーレイに対応していないDVDレコーダーというのもありますが、現在では取り扱っている店舗は少なく、ブルーレイレコーダーが主流になっています。いくつかのメーカーがブルーレイレコーダーを取り扱っていますが、今回はソニーのブルーレイに注目してみました。

ソニーのブルーレイについての紹介

ソニーのブルーレイは有名で、知っている方も多いと思います。BDZシリーズというレコーダーを出していて、スペックも様々です。HDD容量500GBほどのスタンダードなものから、家族で使える大容量の2TBのものまであり、豊富な機能が揃っています。どういった機能かというと、録画に関してはボタンひとつで予約が完了できます。各番組の情報も細かく表示でき、録りたい番組も見つけやすいです。タレント名やキーワードを設定しておけば、関連する番組を自動で録画してくれます。録画した番組は自動でジャンル分けされ、家族みんなでたくさん録画しても見つけやすいです。スマートフォンに専用のアプリをダウンロードすることで、外出先から録画予約したり、見たい番組を見ることも可能です。ソニーのブルーレイレコーダーは、HDMIケーブルを使いテレビと接続し、ハイビジョン映像をソニークオリティの4K映像にアップコンバートすることができます。同じソニーのテレビならもちろん、他社製のテレビでも問題ありません。これにより、とても美しい高精細な映像が楽しめます。番組のジャンルによっては、最適な画質設定というのがあります。おまかせ画質モードという機能は、映像を自動で識別し、ドラマやアニメ、スポーツなど、常に最適な画質モードに調整してくれます。他にも、ハイビジョンで撮影したビデオカメラの映像を、USBケーブルを使い簡単に取り込むことが可能です。取り込んだ映像はチャプター編集や不要な部分の削除などができ、そのままブルーレイディスクやDVDに出力することができます。ムーブバックという機能もあり、ブルーレイディスクに保存した地上デジタル放送を、レコーダーのHDDに書き戻すことができる機能です。例えば、複数のブルーレイディスクに保存した番組をHDDに一度戻し、1枚にまとめ直すこともできます。

このように、ソニーのブルーレイレコーダーは便利な機能がたくさん搭載されています。機種によりスペックが変わってくるので、自分の用途にあったものを選び、上手に使っていきましょう。

ソニーのブルーレイについての紹介

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > ソニーのブルーレイの詳しい紹介

サイトマップ

Top