iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

子供写真を撮るコツ

 間もなく夏休みになりますよね。家族旅行の計画を立てました方がさぞ多いと思います。家族旅行というなら、子供の写真を撮るのも定番ですが、子供の表情が変わりやすいし、仕草の変化も激しいので、なかなかうまく撮れないでしょう。
 ここでは、子供写真をうまく撮れるコツを紹介しましょう。

①カメラの設定

 子供が動きやすいので、事前にカメラの設定を行わないと、いいシーンを見逃しますよ。普通のデジカメでも、デジタル一眼レフカメラでも、行く場所の天気に合わせて、事前にISOやシャッタースピードなどを設置するほうがお薦めします。

 

②いい写真を撮るチャンスの把握

 お子さんの可愛い表情も、おかしい表情も、全部撮りたくなりますよね。でも、その瞬間を早く撮らないと、ぶれた写真になりますよ。
 そのため、環境やお子さんの性格を含め考えて、お子さんの行動を事前に判断する必要があります。多分良いシーンが出ると思えば、先にカメラを持ち、子供の顔にピントを合わせてください。

 

③チャンスを作る

 ずっとカメラを持って、チャンスを待つのもしょうがないです。家族旅行は楽しく遊ばなきゃいけないよね。そのため、良い写真を撮れるチャンスを作りましょう。
 まずお子さんに「チーズ」、「ピース」のような言葉を言わせないでください。ありのままの可愛い姿を撮りたいなら、他の方法を使いましょう。
 例えば、「こっち見て」と言って、お子さんがカメラに向く瞬間を撮ることはどうでしょうか。また、お子さんとゲームをやるのも悪く無いです。
 「この花はいくつの花びらがありますか?」お子さんが指で花びらを数える姿を撮れますよね。
 小道具を使うことや、物まねゲームなど色々試してみてね~きっといい写真を撮れるチャンスが出ますのよ。

 

④色んな角度を試し

 お子さんの背が低いので、子供より高い目線で写真を撮ると、おでこが大きく見える写真ばっかりですね。面白い写真をいっぱい撮りたいなら、撮影者の目線を低くならないといけません。
 お子さんの目線に合わせた位置、或いはもっと下から写真を撮れば、案外おもしろい写真を撮れるのよ。

 

⑤万が一のため

 どうしてもぶれた写真を避ける自信がない方には、連写機能をお使いください。その中に、ブレない写真がきっとありますし、案外面白い写真も出るかも。

 

⑥写真整理

 いっぱいの写真を撮ったから、パソコンに整理して、フォトムービーでも作りませんか。パソコンで放送出来ますし、DVDに焼けば、テレビの大きいスクリーンで素敵な思い出を放送できますね。そのため、ワンダーシェアの「PhotoMovie Studio 6 Pro」を使いませんか。写真も、ビデオも簡単操作で編集できるし、DVD作成や、Youtubeへのアップロードもできますよ。ぜひお試しくださいね~

 

⑦その他の注意点

 お子さんの体力が大人に及ばないので、すぐ眠くなりますか、平日と同じ時間になると眠くなりますか。それを心にかけてください。
 また、撮れた写真をその場で削除しない方がオススメです。写真を撮れば、すぐチェックして、いらない写真を削除する方が多いです。しかし、デジカメのスクリーンが小さいですし、解像度も悪いので、そこで見る写真がパソコンで見る時と違う場合が多いですよ。良い写真を誤削除しないため、写真のチェックをバソコンに導入した後行ってくださいね。

 良い子供写真を撮るのは、なかなか簡単ではないですが、素晴らしい思い出を残せば、何よりです。この夏の思い出をいっぱい作りましょう。

ホーム > 製品活用ガイド > エンターテインメント > 旅行 > お子さん写真をムービーに編集するなら→

サイトマップ

Top