iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iMovieで色補正機能を使用する方法

カメラは日常生活でもますます欠かせないものになってきていますね。特に旅行の際に必要ですよね。最近のカメラは、品質の良いビデオや写真を簡単に撮ることができます。でも、オートフォーカスカメラだと、明るさや環境バランスを間違って、写真があまり良く映せなかったり、自然の色が出なかったりすることがあります。こういう場合にビデオや写真の色補正をして本当の色に近づけたり、弱い色を強くしたりしますよね。

iMovieでは、簡単に暖かい色にしたり、逆に色を抑えたりといったビデオカラーを補正できます。iMovieの色補正機能を紹介しますね。

Part 1:iMovieで色補正する方法

color

Step 1. Advanced Toolsを有効化する

iMovie色補正を使用するためには、高度なツールを有効化する必要があります。「iMovie 環境設定」を選択すると、以下のようなウィンドウが表示されます。「高度なツールを表示」を選択して、iMovie色補正を有効化して下さい。

color

Step 2.「ビデオ調整」を開く

ファイル→ムービー読み込みからパソコン内のビデオを選択し、iMovieにビデオを追加して下さい。ビデオインスペクタをダブルクリックするか、ビデオクリップの周辺をクリックして「クリップ調整」を選択して下さい。

color

Step 3. iMovieのビデオ色調整を開始する

インスペクタで「ビデオ」タブを選択すると、以下のウィンドウでお好みの色にビデオの色を変更できます。露光量、明るさ、コントラスト、彩度、赤ゲイン、緑ゲイン、青ゲイン、およびホワイトポイントを調整できます。閲覧ウィンドウで実際に調整結果を見ながら調整できます。調整がうまくいったら、「作成」をクリックして保存し、iMovieの色調整を終了して下さい。

Part 2: Macで簡単に色調整する方法

簡単に調整したいならば、Wondershare Filmora 動画編集(Mac版)がお勧めです。プログラムにビデオをドラッグ&ドロップし、ビデオをダブルクリックて、明るさ、コントラスト、彩度、色相を調整します。まだこのビデオエディタでは、切り取り、分割、回転、マージ、オーディオ調整などその他様々なビデオエフェクトを実施することができます。ダウンロードして、このエディタの様々な機能をお試し下さい!

もっと詳しく>>

win版ダウンロード   Mac版ダウンロード

color

Step 1. メディアファイルをインポートする

ファイル→メディアインポートを選択するか、ドラッグ&ドロップでiTunes library、Photo Boothなどからビデオを選択して下さい。また、画像取り込みデバイスや内蔵型カメラなどがらビデオを取り込むことも可能です。

color

Step 2. ビデオの色調整を実施する

タイムラインにビデオを設定し、ダブルクリックして下さい。ビデオインスペクタ―ポップアップから簡単に明るさ、コントラスト、色彩および色相を調整できます。ウィンドウ右側に、リアルタイムのプレビューが表示されます。エフェクトが終了したら、”OK”をクリックして設定を確定して下さい。

color

Step 3.ビデオを保存・共有する

全て終了したら、「作成」をクリックしてビデオを保存したり、共有したりして下さい。FacebookやYou Tubeに直接アップロードしたり、ご自身のコンピューターやモバイルデバイスに直接保存することができます。また、DVDに焼くこともできます。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 他の動画編集 > iMovieで色補正機能を使用する方法

サイトマップ

Top