iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhotoの簡単な歴史

2002年に、iPhotoが、AppleからMacパソコン向けのデジタル写真操作ソリューションとして発売されました。理想の写真作成とデジタルメディア管理ソフトウェアの開発を待っていたAppleユーザーは、ついにインハウス写真管理と、デジタルイメージをインポート・保存・まとめ・編集・共有・印刷出来るアプリケーションを利用出来るようになりました。

iPhotoの機能として、しばしば、GoogleのPicasa・MicrosoftのPhoto Gallery・Adobe Photoshop・Phase OneのMedia Oneの様なソフトウェアと比較されています。何年にも渡って、写真管理ソフトウェアは、数回重要なアップデートを行っており、常にイメージ編集や操作設定の要望を満たすために、何度も変化(マイナーなものからメジャーなものまで)してきました。元々は、Mac OS X向けのみにリリースされました。ソフトウェアは2002年より、Appleウェブサイトでフリーアプリケーションとしてダウンロード可能になりました。

photo 1

リリース:2002年
オペレーティングシステム:Mac OS X 10.1

詳細:
アプリケーションの初めで一番のベーシックバージョンは、ユーザーがemailを通してデジタル写真をまとめたり、共有するのにツールを使用出来ます。イメージのコントラストや明るさ調整・各写真のカメラやイメージ情報の維持・CDから写真をインポートすること・フォトライブラリへイメージをドラッグすることでフォトアルバムを作り出すこと、など色々出来ます。加えて、ユーザーは、好きなイメージをKodak社へプリント注文することが出来ます。または、iPhotoにあるイメージでハードブックカバーを注文出来ます。本当に、頼れる第一世代写真管理ソリューションです。

iphoto1



iphoto 5

photo 2

リリース;2003年
オペレーティングシステム;Mac OS X 10.1

詳細:フォト編集ソフトウェアのこのバージョンで、ユーザーは、iLifeでアプリケーションの一体化を体感しました。iLifeは、Appleのメディアアプリケーション集合体一式なのです。サンフランシスコのMacWorld Expoでリリースされ、iLife一式は、その時からMacオペレーティングシステムの全てのバージョンに搭載されています。iLife一式とは、iMovie・iDVD・iTunes・iPhotoの様なアプリケーションが含まれています。ツールのこのバージョンでは、ユーザーは、デジタルイメージを共有すること・iDVDを使用してバックグラウンドミュージック付きスライドショーを作成すること・スムーズに写真をアーカイブに保管すること・既存のイメージをテキスト追加で独創的に作り出す・友達や家族にイメージを共有すること、が可能です。

iPhoto 4

リリース:2004年
オペレーティングシステム:Mac OS X 10.2.6

詳細:iPhotoのこのバージョンでは、ユーザーは、他のiLifeツールと連携してイメージを操作することが出来ます。ユーザーは、GarageBandを使用して作成したオーディオトラックを取り入れること・映画のようなかっこいい変化やビデオエフェクトの追加・写真をよりよくまとめること・写真をスムーズに共有すること、他にも色々出来ます。

iphoto4

iphoto 5

iPhoto5-8

リリース:2005年から2009年までの連続5年
オペレーティングシステム:Mac OS X 10.3.4(iPhoto 5)、OS X 10.4.3(iPhoto 6)、OS X 10.4.9(iPhoto 7)、OS X 10.5.6(iPhoto 8)

詳細:2005年から2009年の間、機能性とユーザーインターフェースに関しての各アップグレードを行うことで、クパチーノは、iPhotoの大幅な技術に伴うバージョン土台を作りました。各ソフトウェアは、いくつかの特徴と先行オペレーションからの改善点を目立たせるようにしました。そして、ユーザーに更なる満足感と使いやすさを提供しました。

iPhoto 9

リリース:2010年
オペレーティングシステムMac OS X 10.6.3

詳細:2010年、iPhotoアプリは、年次Appleイベントで新しいiLife’11一式の一部としてリリースされました。再認識フォト編集アプリケーションは、ユーザーはテーマを使ってイメージをメールで送ることが出来、Facebookなどのソーシャルメディアともより連携を可能にしました。また、イメージをスライドショーへ、12テンプレート以上でも追加することが出来ます。アプリケーション単体としても利用可能で、ツールは、イベント・場所・顔を関知するフルスクリーンモードのような特徴が目立ちます。さらに、フォトブックやカードを作成する独特な方法も提供しています。

iphoto9


iphoto 9.5

iPhoto 9.5

Year of release: 2013
リリース;2013年
Operating System: Mac OS X 10.9
オペレーティングシステム;Mac OS X 10.9

詳細:
2013年にリリースされたiPhoto9.5は、写真編集ツールの高性能版のひとつです。Macユーザー向けの全ての新しいアプリケーションは、フルスクリーンでの閲覧・編集をサポートしており、FacebookやTwitterの様なソーシャルメディアウェブサイトとのよりスムーズな連携が目立ちます。email・プリント・その他の様なアウトプットオプションも提供しています。加えて、またツールは、イメージをさらに微調整するのに編集するHistogramをサポートしており、RAWイメージファイルをも同様に動作します。これとは別に、ユーザーインターフェス・機能性・その他同様に関して、先行アプリケーションと異なるいくつかのわずかな変更も特徴です。



iPhotoは、Macintoshオペレーティングシステムで、恐らく写真をまとめることと操作アプリケーションとしては最高のもののひとつです。アプリケーションの発展が続けば、間違いなく最もいい写真編集機能で、他のプラットホームと同等のツールとなります。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top