iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Macでいろんな記録メディアを復元する方法

MacのUSBドライブにメディアを繋げて復元する

最近は、ほとんどの記録媒体がUSBを介して使えるメディアです。 USBを使うと言えば、USBメモリを真っ先に連想します。

また、外付けのHDDやカードリーダーを使えば、SDカードやフラッシュメモリーなどもUSBドライブから使うことができます。 しかし、これらのUSB記録メディアが何らかのトラブルでデータが消去されてしまったり、間違えてフォーマットしてしまい、データを損失してしまったら、あなたはどうしますか?

よほどパソコンに対して深い知識と技術があれば、データを取り戻すことができるかもしれませんが、あまり詳しくない人の多くは諦めてしまうのが現状でしょう。ですが、『データリカバリー(Mac版)』を使えば誰でも簡単にUSBドライブに接続しているメディアの復元をすることができます。

『データリカバリー(Mac版)』の使い方は簡単!下記から、無料ダウンロードして試用してみましょう!

windows版ダウンロード        Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

『データリカバリー(Mac版)』で簡単にデータを復元!

まず、『データリカバリー(Mac版)』をインストールしてあるMacに復元したいメディアをUSBドライブに接続します。

ステップ1:復元モードを選択する

下記画面に「失われたファイルの復元」をクリックし、USBドライブを選択します。「失われたファイルの復元」復元モードに入ります。

「データリカバリー」(Mac版)

ステップ2:ファイルをスキャンする

あとは[スキャン]をクリックすれば、自動的にUSBドライブに接続されているメディアをスキャンします。

失われたファイルの復元:スキャン

ステップ3:プレビューとUSBドライブメディア復旧 Mac 

 復元したいデータにチェックを入れて、[復元]をクリックするだけで簡単にUSBドライブに接続しているメディアのデータを復元することが出来ます。 ドキュメント、画像、動画、音声、Eメールなどのデータなど、USB機器の故障やトラブルで消えてしまった、あらゆるデータを復元することが出来ます。

失われたファイルの復元:復元

『データリカバリー(Mac版)』でデータは復元できる!

『データリカバリー(Mac版)』を使えば、本来は知識や技術が必要なデータの復元をパソコン初心者の方でも、わずか数ステップでデータの復元をすることができます。

『データリカバリー(Mac版)』はMacに特化した作りになっているので、Macユーザーには使いやすい設計になっています。

windows版ダウンロード        Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > Macデータ復元 > Macでいろんな記録メディアを復元する方法

サイトマップ

Top