Windows7高速化-Windows7を高速化する方法のまとめ

windows7はセッティング次第で速くなります

近年のWindowsは基本的に、そのまま使うと冗長なアニメーションなどで動きが緩慢な特徴があります。windows 7のpcを使い始めて、その動きの遅さにうんざりしているという方も少なくはないかもしれませんが、確かに、このOSは初期設定の状態でしたら、サクサクした動作は余り期待できません。そう言った状態も、色々な部分を変更していくことで改善が見込めますから試してみると良いでしょう。Windows7の高速化が見込める方法を、いくつか紹介していきます。

まず、WinSuite(Windows版)を使ってwindows 7を高速化

winsuite

WinSuite(Windows版)は、失われたデータの復元やpcのセキュリティー強化など、幾つもの役立つ機能がこれ一つにパッケージされたソフトで、搭載されているpcの高速化ツールもとても便利なものとなっています。使用方法はシンプルなので、難しい操作は苦手という方にも使いやすい上、高速化に貢献する機能がいくつもあるので、しっかりとスピードアップを目指せるでしょう。最初に実行したいpcヘルスチェックは、お使いのpcの健康状態を多彩な方面から分析し、気をつけたいポイントや改善についてのアドバイスなどを知らせてくれる機能です。

pcの現状を把握するのには勿論、問題解決のために、どこから手を付けたら良いのかも判りやすいです。無闇に設定をいじるよりも、解決すべき部分を分析して、それを一つずつ潰して行ったほうが効率的かつ、確実性も高いでしょう。WindowsスピードアップやWindowsクリーンアップと言った機能も搭載されています。スタートアップ管理も可能で、これを使ってwindows起動と同時に無駄に実行されているプログラムを管理することが可能です。

windowsは画面上に現れてないところでも、色々なソフトウェアが動いているのですが、中には余り使わないものも起動されています。こう言った無駄なプログラムを停止させておけば、起動も速くなりますし、バックグラウンドで勝手にメモリーやCPUを消費することもありません。これらの便利な機能が統括されているので、WinSuite(Windows版)があれば、まず、大まかな高速化は実施できるはずです。

X-TUNEでメモリーを監視しましょう

WinSuite(Windows版)で基本的なセットアップを終えたら、日常のケアとも言えるべき作業がメモリー監視です。メモリーは今、まさに使っているプログラムや使おうとしているソフトウェアのファイルのデータを一時的にストックし、高速で処理装置などに供給するのが役目です。しかし、このメモリーも、目には見えていない裏で動作するソフトによって食いつぶされている事がしばしばあります。そのせいでメモリーが不足すると低速なハードディスクを代わりに使ったりといった事で、pcの動きが悪くなりますから、X-TUNEの様なメモリー監視ソフトで解消しましょう。

Smart Defragによるハードディスク最適化もおすすめです

Smart Defragデフラグはハードディスクの断片化ファイル対策に有効なソフトです。ハードディスク外周部にデータを移動させることが出来るのですが、この為、読み込みの高速化が期待できます。日常必要なデフラグ機能を高性能にしたソフトなので、定期的なデフラグには利用してみると良いでしょう。

windows7の高速化は、まずは設定の変更と、日常的な対策の両方を進めていく事が大切です

設定変更は場合によっては、使いこなせないと危険な場合もありますが、WinSuite(Windows版)はPCに詳しくなくても使いやすいソフトなので、検討してみては如何でしょうか。

関連記事

Windows7でシステムの復元を利用してパソコンを復元する方法

Windows7パソコンを利用していますが、Windows7のシステム復元について、詳しく紹介します。また、Windows7のシステム復元する方法やWindows7パソコンを復元する方法もまとめて紹介します。

22.07.2017 もっと見る

PC内や外部から取り込んだ音楽でCD作成!

TunesGo Plusを使ってパソコン内や外部から取り込んだ音楽を簡単にCDに焼く!

27.08.2015 もっと見る

ハードディスクデータ復旧:ハードディスクの消えたデータを復旧する方法

ハードディスクから削除したデータを復旧することができますか。パソコンのハードディスクから消えてしまったデータを復元するにはWondershareのハードディスクデータ復旧ソフト『データリカバリー』を使うのがいいでしょう。

08.11.2016 もっと見る
Top