iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム > 製品活用ガイド > 動画・音楽変換 > 動画変換ソフトレビュー > Final Cut Proとスーパーメディア変換の比較

Final Cut Proと「Wondershare スーパーメディア変換!」を比較

Wondershare ワンダーシェアー 編集者
Sep 16,2015 11:44 am / 編集者: カテゴリ: 動画変換ソフトレビュー

PDFエクセル変換

『Final Cut Pro』はアップルによって開発・販売するソフトウェアのひとつです。パソコン向けのノンリニアビデオ編集を目的としたMac OS X向けのソフトです。
アップルのプロフェッショナル向け映像ソリューションの中核となっています。Macで動画を作成・編集するのなら、非常に便利なのがです。 Mac Appストアでも手軽に入手することができるプロの映像作家や映像クリエイターもつかっているアプリケーションです。

Wondershare『スーパーメディア変換』はプロの『Final Cut Pro』に比べて、操作簡単で初心者でも簡単に動画を編集できます。それに、動画・音声・DVDの変換・再生、DVD作成、Web動画ダウンロードの4大機能も搭載しています。動画の編集に関しては、低価格で高性能の『スーパーメディア変換』をお勧めします。

windows版ダウンロード       Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

プロ向けの『Final Cut Pro』

高機能な『Final Cut Pro』では、今まで作り出せなかったような動画の表現が可能になっています。ですが、高機能である為、価格は非常に高価な物になっており、手軽に使えるソフトとは言いがたいでしょう。操作方法も複雑で、とても身に着けないです。

初心者向けの『スーパーメディア変換』

一方、『スーパーメディア変換』は機能が豊富で、直感的なデザインで、動画の編集は簡単です。 また、『スーパーメディア変換』は動画の変換に非常に優秀な設計になっています。

 高解像度のHD動画やDVDへの作成はもちろん、iPhoneやiPadなどのようなモバイル端末むけの軽い動画に圧縮することもワンクリックでできるようになっていて、初心者には非常に使いやすい動画ソフトと言えます。

Final Cut Proの代わり

動画の編集・変換は『スーパーメディア変換』で十分

プロ志向の動画編集・変換ソフトを使っても良いでしょうが、価格は非常に高価で操作も難しいものです。『スーパーメディア変換』は初心者でも簡単にある程度の動画編集と動画変換をすることが可能です。

画面の好きな部分だけを拡大ズーム表示、シーンの切抜き保存、ファイルの結合、画質補正、 エフェクト?透かし画像?テキスト追加等の高度な編集機能を提供します。ビデオ回転(時計回り、反時計回り、水平反転、垂直反転)などの動画編集もできます。

動画編集・変換

初心者の方やあまり動画を使わないというのであれば、低価格で機能面が非常に優秀な『スーパーメディア変換』がオススメです。

関連トピックス
「Compressor」と「スーパーメディア変換」の比較
動画を編集・変換するなら、『スーパーメディア変換!』がいい!
究極動画変換ソフト「スーパーメディア変換!」の使用方法
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

サイトマップ

Top