「Compressor」と「スーパーメディア変換」の比較

Jun 01,2020 15:11 pm / カテゴリー:動画変換ソフトレビュー /

Macを使って、動画編集をするという人も多いでしょう。中には、動画を作りたいという理由でMacを購入した人もいるかもしれません。数多くのビデオ編集ソフトがリリースされていますが、ビデオを圧縮したり、エンコーディングを高速にこなすソフトは限られています。 

プロ志向のMacユーザー『Final Cut Pro X』や『Motion』と併せて『Compressor』というビデオ変換ソフトを使っているかもしれませんが、ワンダーシェア社の『スーパーメディア変換』も非常に便利なソフトです。

『Compressor』と『スーパーメディア変換』比較!

まず、『Compressor』ですが、動画編集としては人気のある『Final Cut Pro X』や『Motion』などの専門的なソフトと密接に連携して、サイズ変更、クロップ、イメージ処理、エンコードなどの編集やiPadやiPhone、DVD、CD、Web動画など多彩なフォーマットに変換することも可能です。

対して『スーパーメディア変換』は専門的なソフトとの連携はできませんが、より簡単で手軽に扱えるソフトです。 例えばiMovieで簡単に作った動画でも、編集・変換が可能です。 編集は『Final Cut Pro X』などのように本格的な編集はできませんが、動画の変換や出力は『Compressor』にも負けていません。

エフェクト調整画面

動画の変換は非常に分かりやすく、スピーディーで、出力もiPadやiPhone向けの形式はもちろん、DVDやWeb動画、モバイル端末向けの形式から、高解像度のHDムービーまで様々な形式で出力することができます。

動画・音楽・DVDファイルを追加

『Compressor』と『スーパーメディア変換』、両ソフトとも非常に便利ではありますが、性質が異なります。 『Compressor』は『Final Cut Pro X』などのプロ志向の動画編集ソフトでも使えるようなパワフルな物です。 

『スーパーメディア変換』はiMovieなどで簡単に編集した動画に向いていると言えます。 手軽に使えるのが『スーパーメディア変換』と選んでも間違いはないでしょう。

渡辺

著者

コメント(0)

関連記事

究極動画変換ソフト「スーパーメディア変換!」の使用方法

これはビデオコンバータを使用する方法のクイックステップバイステップガイドです。

24.06.2021 もっと見る

Mountain Lionでも使える便利な動画変換ソフト

最新のMacOS 10.8 Mountain Lionでも使える動画変換ソフト『スーパーメディア変換!(Mac版)』をお勧めします。UIもシンプルで使いやすい動画変ソフトです。

13.04.2017 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > 動画・音楽変換 > 動画変換ソフトレビュー > 「Compressor」と「スーパーメディア変換」の比較
Top