『Apple ProRes』で変換するか、『スーパーメディア変換』で変換するか。

Jun 01,2020 10:23 am / カテゴリー:動画変換ソフトレビュー /

プロ向けに変換するか、それとも初心者向けに変換するか

Appleが提供しているMac向けの動画規格のApple ProResは保存サイズが小さくても、非常に解像度の高い動画に変換することができます。 特に、プロも使っている動画作成ソフトの『Final Cut Pro』と連携して、非常に高品質な動画を作成することができます。 

対して、ワンダーシェア社が提供している『Wondershare スーパーメディア変換(Mac版)』はできることは限られていますが、初心者には操作が簡単で非常に高性能な動画編集・変換ソフトです。

『ProRes』と『スーパーメディア変換』を比較!

『Apple ProRes』は高機能の動画編集ソフトで、『Final Cut Pro』と連携して使用することができます。HD、2K、4K などの解像度が非常に高いフォーマットに動画を小さいサイズで変換することができます。ですが、一般の家庭で使用するのであれば、2K、4Kといった高解像度は必要ありません。

初心者の方や、動画を家庭で手軽に楽しみたい人は『スーパーメディア変換』がオススメです。 HD動画向けのフォーマットに対応しているので、一般家庭で楽しむには充分の機能です。

また、iMovieのような簡単に操作できる動画編集機能も搭載しているので、「スーパーメディア変換」1本で手軽に動画の作成が可能になります。また、DVDへの出力はもちろん、iPhoneやiPadなどのモバイルデバイス向けの軽い動画サイズへの変換もワンクリックで可能です。

『スーパーメディア変換』で動画を楽しもう!

家庭やスマホで動画を楽しむには、プロ仕様の高価で高性能なソフトを使う必要はありません。『スーパーメディア変換』を利用して、簡単なクリックだけで、動画をご希望の形式に変換できます。

高性能なソフト

『スーパーメディア変換』のような初心者向けのソフトでも充分、動画の作成や編集が可能で、DVDやiPhone、iPadに出力して楽しむことができます。

動画編集開始

普通の私たちにとって、高価な動画作成・変換ソフトは必要ありません。

Wondershare スーパーメディア変換(Mac版)』1本で動画を大いに楽しむことができます。

渡辺

著者

コメント(0)

関連記事

「Adobe Media Encoder」と「スーパーメディア変換!」を比較!

クリエイター向けのソフトを多くリリースしているAdobe社の動画変換ソフト「Adobe Media Encoder」とワンダーシェア社が提供している『スーパーメディア変換』を比較してみました。

01.06.2020 もっと見る

動画を編集・変換するなら、『スーパーメディア変換!』がいい!

様々な動画ファイルの編集・変換に対応した『スーパーメディア変換!』を上手く使って、編集すれば世界に一つだけの素敵なオリジナルビデオが簡単に作る事ができます。

19.03.2020 もっと見る

究極動画変換ソフト「スーパーメディア変換!」の使用方法

これはビデオコンバータを使用する方法のクイックステップバイステップガイドです。

24.06.2021 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > 動画・音楽変換 > 動画変換ソフトレビュー > 『Apple ProRes』と『スーパーメディア変換』
Top