Final Cut Pro のデータから高品質なDVDを作成!

Apr 29,2020 15:41 pm / カテゴリー:動画DVD作成 /

Final Cut Proは、アップルの開発・販売するソフトウェアのひとつです。パソコン向けのノンリニアビデオ編集を目的としたMac OS X向けのソフトです。アップルのプロフェッショナル向け映像ソリューションの中核となるソフトウェアです。

Final Cut ProにDVD焼き機能が付かないから、Final Cut ProでDVDに作成できません。マックなのでDVDを焼くにはiDVDを使うのだと思うのですが、使い方がどうにも分からない人がたくさんいます。もっと分かりやすいソフトがありますか。「Wondershare スーパーメディア変換!(Mac版)」があれば、Final Cut ProのファイルをDVDに焼くことができます。初心者でも使えるソフトです。ここでは、Mac OS XでFinalCutProのデータからDVDを作成する方法について詳しく説明します。

youtube動画をmp3に変換するソフト:スーパーメディア変換

Final Cut ProのデータからDVDに作成する方法

Step1Final Cut Proのデータを取り込む

ファイナルカットプロからビデオをエクスポートにはFinal Cut Proで「ファイル」> 「エクスポート」ボタンをクリックします。デスクトップまたはハードドライブにFcpビデオを保存します。

「DVD作成モード」で、ファイルを画面内にドラッグ・アンド・ドロップする方法、及び画面上にある「ファイル」タブをクリックし挿入する方法、以上2つの方法があります。

動画・音楽・DVDファイルを追加

Step2DVDメニューを選択

DVDメニューテンプレートから好きなテンプレートを選択することも可能です。

動画・音楽・DVDファイルを追加

Step3Final Cut ProのデータをDVDに焼く開始

DVDメニューを指定した後に、画面の「次へ」ボタンをクリックすると、DVD作成画面になります。

画面の上部には、作成したいDVDのファイル名やDVD種類(DVDディスク、DVDフォルダ、dvdmedia及びISOの4種類)などを設定できます。

画面の下部で、DVDタイプ「DVD5かDVD9」を選択できます。 問題がなければ、「作成」ボタンをクリックして、DVDの作成を開始します。

作成

とても簡単でしょう!「Wondershare スーパーメディア変換!(Mac版)」を試用しましょう!

渡辺

著者

コメント(0)
ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > 動画DVD作成 > Final Cut Pro のデータから高品質なDVDを作成!
Top