【weddingキャンペーン】キャンペーン期間中にFilmoraをご購入の方へ抽選で豪華景品をプレゼント!

MKV動画を圧縮する方法紹介

映画やテレビ、インターネットの動画サイトを始め、昨今では動画配信の高解像度化が進んでいます。 MKVの拡張子にも見られるように、インターネット経由によるストリーミング配信ににおいては、動画の高解像度化によるデータ容量の肥大化も問題になっております。 もちろんコレは個人ユースにおいてMKVファイルを扱う場合も同様で、一昔前のパソコンでは4KやフルHD動画の視聴は厳しいと言えるでしょう。 また再生に必要なスペック面だけでなく、限られたストレージ容量しか無い携帯端末に保存する場合などにおいても、動画データの増大は問題になります。 そうなると、通常はファイル圧縮ソフトを使ってrarやzipファイルに圧縮して容量を抑えようと考えますが、MKVなどの動画ファイルではこれら圧縮ファイルの恩恵をほとんど受けられません。では動画の圧縮にはどうしたら良いのでしょうか? その問題を解決するには、動画編集ソフトや変換ソフトを使った方法が一番です。 動画の必要な部分だけを切り取ったり、解像度やビットレート、フレームレートを変更するなど、編集・変換ソフトを使用して動画を直接いじることにより、ファイルサイズを大きく減らすことが可能なのです。
以下で紹介する「スーパーメディア変換!」を利用しますと、MKV動画のファイルサイズをとても簡単に小さくすることができますので、ファイルサイズでお悩みの方は是非とも試してください。

■MKVファイルの圧縮に最適なソフト「 スーパーメディア変換!」の特徴

・シンプルなインターフェイスと簡単な操作性で、品質を損なうことなくMKV動画を圧縮できる
・変換形式の詳細をお好みに応じて設定できる
・MKV以外の様々なファイル形式にも変換可能
・動画の分割、シーン切り抜きなどの動画編集機能によりファイルサイズを削減
・他の動画変換ソフトと比べて変換速度が速い

■MKVファイルの圧縮方法

1.スーパーメディア変換!を起動し、左上の「メディア」からか、もしくはドラッグ&ドロップで圧縮したいMKVファイルを読み込みます。

メディア追加

2.「変換」タブの動画一覧の右側にある「編集」ボタンを押し、編集画面の「トリム」→「トリムを追加」にて不要シーンをカットします。

編集

トリム

3.画面右側の「出力形式」にて、「フォーマット」→「ビデオ」→「MKV」と選択します。

MKV

※MKV動画から別の形式の動画に変換・圧縮したい場合は、お好みで任意のフォーマットを選択してください。 例えば、「フォーマット」→「ビデオ」→「MP4」と選択すれば汎用的なMP4形式の動画に変換できます。

4.画面右下の「詳細設定」にて、ビデオの「エンコーダー」「解像度」「フレームレート」「ビットレート」、音声の「サンプルレート」「ビットレート」などを設定します。

詳細設定

詳細設定

※動画を圧縮するためには、元動画よりも低い数値の設定にする必要がありますが、あまり低い設定にすると視聴に耐えられない画質になってしまいますので、容量と画質のバランスを見ながら調整しましょう。

5.「変換」タブの動画一覧でソースファイルと変換後ファイルのサイズを比較し、良さそうなら画面右下の「変換」ボタンで圧縮を実行します。

変換

※動画一覧に表示される変換後ファイルのサイズはあくまで目安ですので、実際に変換した後でファイルサイズを確認しましょう。

関連記事

HD動画を圧縮する方法

最近はフルハイビジョンのHD動画が普通になって来ており、Youtubeなどのインターネット動画サイトでも高画質な動画の配信が行われております。そこで本ページでは、HD動画を圧縮するための方法とポイントを紹介して行きたいと思います。

15.07.2016 もっと見る

FLV動画サイズを圧縮する方法紹介

本ページでは、FLV動画の圧縮に適した「スーパーメディア変換!」を利用して、動画圧縮方法を説明して行きたいと思います。

15.07.2016 もっと見る

AVI動画のサイズを圧縮する方法

本ページでは、AVIファイルを圧縮する方法と、AVIファイルから他の形式のファイルへ変換する方法をご紹介させて頂きます。

15.07.2016 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > topic > 動画・音楽変換 > MKV動画を圧縮する方法紹介
Top