iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでWMVを再生するには?

動画データの種類

・MP4
 【拡張子:.mp4、.m4a】

・AVI
 【拡張子:.avi】

・WMV 
 【拡張子:.wmv】

・MOV 
【拡張子:.mov、.qt】

多くのPCやスマートフォン、デジタルオーディオ機器で対応している、現在最も一般的とも言える動画形式です。
AVIと比べると機能面でも勝っており、この形式にエンコードしておけばどんな状況でもほぼ間違いなく再生できるでしょう。
Microsoft社が開発したWindowsの標準動画形式です。
動画形式としてはかなりの古株で、使用できる圧縮方式や再生可能な環境が多く、非常に汎用的な形式として広く普及しています。
しかしながら、ストリーミング再生やVFR等に非対応なため、他の形式と比べると機能面で劣る部分が目立ちます。
Microsoft社がAVIの後継として開発したWindowsの動画形式です。
AVIの機能性の悪さが解消されており、ストリーミング再生をはじめとした様々な機能に対応しています。
ただしAVIと比べると対応エンコーダは少ないです。
Apple社がMP4をベースとして開発した動画形式です。
MacやiPod等のApple製品の標準形式ですが、それ以外では対応機器が少ないのが現状です。

media icon

■WMVとMOVの場合

おおまかにいえば、「Windowsで動画を再生するときはWMV、Macで動画を再生するときはMOV」ということになります。
以前はWMVはWindowsでしか、MOVはMacでしか再生できませんでしたが、近年ではWindows Media PlayerでもMOVに対応するなどの歩み寄りが進んでいます。
しかしながらApple側の歩み寄りはあまり進んでおらず、quicktimeではWMVを再生できません。
quicktimeでWMVを見るためには、MOVに変換する必要があります。

quicktime

■『スーパーメディア変換!』を使った変換

ここでは音声・動画データの総合編集ソフト『スーパーメディア変換!』を使用した変換方法をご紹介します。

◎これから使用方法を説明します


windows版ダウンロード       Mac版ダウンロード

Step 1 .WMVを取り込む

上記のサイトからソフトをダウンロードして、 インストールしてください。
ソフトを起動して、「変換」のタブを選択してから、WMVファイルを「メディアファイルをここに…」という部分にドラッグ&ドロップしてください。

WMVを取り込む

Step 2 .WMVの出力形式をMOVに指定

その下に表示されている形式の一覧から「MOV」を選択します。「出力:」にMOVファイルを出力する場所を指定して右下の矢印ボタンをクリック

WMVの出力形式をMOVに指定

Step 3 .WMVをMOVに変換

最後にウィンドウ右下にある「変換」のボタンをクリックすれば完了です。

WMVをMOVに変換

これで基本的な変換は完了です。
非常にシンプルな操作ですので、動画ファイルの扱いに慣れていない方でも抵抗なく利用できると思います。
有償版と無償版の両方が用意されていますので、まずは無償版で試してみてはいかがでしょうか。

◎もっと使いこなしてみよう!
上記でご説明した基本的な操作にほんのひと手間加えるだけで、より高度な編集ができます。

⇒複数の動画ファイルを統合したい
【手順3のときにまとめてドロップするか、ウィンドウ左下の+ボタンをクリックして選択→手順5のときに「複数の動画を統合」をONにする】
複数の動画をひとつに統合することができます。

⇒動画を編集したい
【手順3で取り込んだファイルの右側に表示されている鉛筆ボタンをクリック】
動画の一部を切り出す「トリム」や、明るさ・コントラストなどを編集できる「効果」などを自由に編集できます。

⇒解像度を変更したい
【手順4で選択した形式の右上に表示されている歯車マークをクリック】
変換後の解像度やフレームレート、ビットレートなどを選択することができます。

関連ソフト推薦:

ビデオ変換
  • ★誰でもできる·動画変換·DVD作成★
  • ・150種類以上のビデオ形式を相互に変換します♥ ♥
  • ・Web動画を自由にダウンロードできます(録画機能付き) ♥
  • ・そして更に、簡単編集で「My」DVD作成できます ♥
  • ・メタ情報追加・iTunes同期、デバイス転送など実用機能たっぷり!
  • もっと詳しい情報 >>

サイトマップ

Top