iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター



部品破損 関連記事

「iPhoneが水没しちゃった!」あなたならどうする? 

水没したiPhone

iPhoneが水没すると様々なダメージを受けます。残念ながら、Appleのサポートセンタ―では、水没で故障したiPhoneの修理は保証対象外となっており、水などの液体が原因で損傷した場合は、個人責任になってしまいます。水によって損傷した場合iPhoneはどういった影響を受けるのでしょうか?いくつかのケースを見てみましょう。


* 電源と起動する際の問題:電源がつかない・電源を入れるとすぐに再起動してしまう・iPhoneの画面が真っ白
* ハードウェア上の障害:スピーカーが壊れて使えない・マイクが無効になっている、本体がオーバーヒートしている
* 警告メッセージ:「充電機能はこのアクセサリではサポートされていません」、「このアクセサリはiPhone用に設計されていません」等といったエラー•メッセージが表示される
* アプリケーションの問題:Safariブラウザ、Eメール、及びその他のプログラムが勝手に終了してしまう



iPhoneが水没したかどうかの確認 

iPhoneが水没したかどうか定かでない場合は、iPhoneに内蔵されている「液体浸入インジケータ」からチェックすることによって、自分で確認することができます。横の図のように手順に沿って進めば、それらを確認することが可能です。iPhoneが水没した場合には、赤い点が表示され、何も表示がない場合は水による損傷を受けていないということを意味します。 

ポイント: iPhoneの「液体浸入インジケータ」をチェックにする際には、必ずiPhoneの電源をオフにしてください。

recover data from water damaged iphone

iPhoneが水没した場合の対処法

#1. すぐにiPhoneの電源をオフにする 

iPhoneが水濡れにより損傷した場合には、水から離してiPhoneをただ取り去って、直ちに電源を切りましょう。iPhoneを普段どおりに使用し続けると、後にオーバーヒートしたり、ハードウェアが損傷してしまう可能性があるので注意しましょう。 

#2. ドライヤーで乾燥させないで! 

ドライヤーで破損したiPhoneを乾かしてはいけません。ドライヤーを使用すると、水がより一層IPhoneの内部に侵入してしまう可能性があるからです。iPhoneを乾かす場合は、数日間生米の容器に入れるか、又は修理店に持っていくことをオススメします。 

ポイント:損傷したiPhoneを修理する場合は、こちらのiPhoneの最善修理方法をご参考下さい。 

#3. iPhoneデータのバックアップ 

iPhoneを乾いたら、まずiTunesやiCloudをiPhone上のデータをバックアップしましょう。水没した後のiPhoneは何が起こるかわからないので、念のためにバックアップを取っておくことは大切です。

iTunesでiPhoneのバックアップをする場合: iPhoneを接続し、iTunesを実行します。次に、iPhoneの名前を右クリックし、「バックアップ」を選択します。数分でiTunesをバックアップすることができます。 

iCloudでiPhoneのバックアップをする場合: 設定> iCloud >今すぐバックアップ設定> iCloud (ログアウトしている場合はここでログインします)>今すぐバックアップの手順で行います。

recover data from water damaged iphone


「Dr.Fone for iOS」を使用して、iPhoneのバックアップを行う 

iTunesやiCloudでは水没したiPhoneをバックアップできない場合がよくあります。その場合は、Wondershare「Dr.Fone for iOS」を試してみましょう。iPhoneをスキャンすることで、すべてのデータを復元することが可能です。下記の無料体験版でソフトウェアをダウンロードしてみましょう。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

ステップ 1. PCでiPhoneを接続し、スキャンする 

まずiTunesを終了し、その後、お使いのパソコンにiPhoneを接続して、Wondershare「Dr.Fone for iOS」ソフトを実行します。iPhoneが検出されると、右図のような画面が表示されます。 

ポイント:もしもこれがうまく起動しない場合 iPhone 4とiPhone 3GSユーザーであれば、画面の下部にある「高級モード」を使用することができます。これを使用すれば、iPhoneの電源がオフの場合でも、iPhoneをスキャンして、データを復元する方法を提供します。

ステップ 2. 水没したiPhoneのデータ復元とプレビュー

スキャンが完了すると、スキャンしたすべてのデータをプレビューすることができます。その後、保存しておきたい項目を選択し、「復元」ボタンをクリックすれば、パソコン上のデータを保存できます。 

ポイント:水没したiPhoneからは、既存のデータだけでなく、iPhoneから失ったデータ(赤で表示)を見つけることも可能です。

#4. iTunesかiCloudのバックアップからデータ復元 

水濡れで破損したiPhoneが直らない・iPhone内のデータを取得できない等といった場合、どうすればよいでしょうか? もしも以前にiTunesやiCloudでバックアップを行っていたとすれば、以前のデータを得ることができますが、新しいiPhoneを買う予定がない場合どうしようもないですよね。Wondershare「Dr.Fone for iOS」を利用すれば、バックアップファイルからすべてのデータを抽出し、復元したいデータをプレビューしてから、必要なものを選択してPCへエクスポートすることが可能です。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

iTunesのバックアップからiPhoneの復元

ステップ1: 「Dr.Fone for iOS」を起動した後、「iTunesバックアップファイルからリカバリー」モードを選択します。
ステップ2: お使いのパソコンにすべてのiTunesバックアップファイルが表示されます。あなたのiPhone 用のものを1つを選択し、「スキャン開始」ボタンをクリックして抽出します。
ステップ3: スキャンが終了すると、すべてのデータをプレビューし、PCへデータの復元ができます。

iCloudのバックアップからiPhoneの復元

ステップ1:「Dr.Fone for iOS」の右上にある「iCloudバックアップファイルからリカバリー」を選択します。
手順2。iCloudアカウントにログインしiPhoneのバックアップを選択します。そして、それをダウンロードします。ステップ2: iCloudアカウントにログインしiPhoneのバックアップを選択し、ダウンロードを開始します。
ステップ3:ダウンロード後、データを抽出するために、スキャンを行い、必要なものをパソコンにバックアップして復元することができます。

製品に関するご意見・お問いは、弊社のサポートセンター までご連絡をお願いいたします

サイトマップ

Top