iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム > 製品活用ガイド > topic > 動画・音楽変換 > 無劣化!動画形式を劣化無しで変換可能なソフト紹介

無劣化!動画形式を劣化無しで変換可能なソフト紹介

Wondershare ワンダーシェアー 編集者
Feb 06,2015 17:29 pm / 編集者: カテゴリ: 動画・音楽変換

スマホなどの携帯端末やデジタルビデオカメラ、Youtubeなどの動画投稿サイトの普及により、一般の人も動画を扱う機会が非常に増えてきました。 それと同時に、動画ファイルの保存形式を意識する場面も増えていることかと思います。 動画の保存で重要なポイントは、画質の劣化をどれだけ抑えることができるかです。

今回は動画を劣化無しで変換・保存が可能なソフト、Wondershare「スーパーメディア変換!」について紹介したいと思います。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

■無劣化変換にはファイル形式(コーデック)が重要

皆さんは動画を保存する際に、ファイル形式を意識していおりますでしょうか? 動画とはデータサイズがとても大きなファイルですので、高画質・長時間の動画になればなるだけ、膨大な保存容量が必要となります。 しかし日々動画を扱う機会が増えたからこそ、一つの動画ファイルにはあまり容量を割きたくはないところです。 そこで動画の保存においては、ファイル形式がとても重要になってきます。 動画はファイル形式によってデータサイズが全然違ってきますので、なるべく小さなサイズで済むような形式を選ぶ必要があるわけです。

例えば、最近の主流であるH.264(MPEG4 AVC)形式の動画は、DVD時代に主流だったMPEG-2と比べ、何倍もの高画質・高圧縮を実現しております。 他にも、マイクロソフト社独自のコーデックであるWMV形式や、DivX社がMPEG-4をベースに開発したDivXなど、他にも高画質・高圧縮に対応した形式が存在します。 つまりこれらの形式に変換することにより、動画の劣化を極力抑えることが可能になるわけです。

■エンコードソフト、エンコード設定の重要性

動画投稿サイトなどを視聴していると、同じ内容の動画なのに画質が全然違う動画に出くわすことがあります。 もちろんファイル形式やファイルサイズ自体が全然違うために画質が異なる場合も多いのですが、中には同じファイル形式で同じくらいのファイルサイズであるにも関わらず、画質に大きな差が生じている動画があったりします。

このような動画において何故画質に差が生じているかというと、エンコード(変換)方法に大きな原因があります。 動画変換時のエンコード設定やエンコードに使用するソフトは人によって様々であり、これらの設定やソフトによって、同じ形式で同じ容量の動画であっても、画質に大きな差が生まれる場合があります。 つまり、動画変換においてはエンコードにどのソフトを使用するか、そしてどんな設定で変換を実行するかが重要になるというわけです。

■無劣化変換に最適なソフトは?

動画を劣化無しで変換するには、ファイル形式とエンコード方法が重要であることは分かって頂けたかと思います。 では実際に変換する際に、どのソフトを使用すれば動画の劣化を極力無しで変換できるでしょうか?

ずばり、私がお勧めするソフトはコレです。 スーパーメディア変換! この「スーパーメディア変換!」は、先ほど説明した高画質・高圧縮のビデオコーデックには全て対応していますし、拡張子などの対応ファイル形式も非常に豊富です。

また、出力形式の設定も簡単で、動画の品質も「高品質」「標準品質」などのプリセットから設定でき、もちろん自分でも詳細をカスタマイズできます。 エンコード設定を手軽に設定できるだけでなく、ソフトのエンコード性能自体も優れているため、高速・高画質で動画変換が可能になっています。 世の中には数多くの動画変換ソフトが存在しますが、動画を無劣化で変換したいと考える人には、この「スーパーメディア変換!」を試してみることを強くお勧めします。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー
関連トピックス
無劣化動画変換する方法
無劣化でAVI編集ソフトの紹介
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

サイトマップ

Top