iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

WMV動画を圧縮する方法

「Windows ムービー メーカーでWMVファイルの動画を作ったけれど、ウェブサイトにアップするにはファイルサイズが大き過ぎる。 画質を維持したままファイルサイズを圧縮する方法は無いだろうか?」 これまでに上記のような疑問・問題に直面したことはないでしょうか? 初心者でも簡単に動画作成ができるフリーソフトであるWindows ムービー メーカーで動画を作成すると、その名の通りWMVファイルの動画が出来上がります。 しかしいざ出来上がった動画をYoutubeやニコニコ動画などにアップロードしようとしたら、ファイルサイズが大きすぎて投稿できなかったという人は、案外多いと思います。 WMVファイルに限らず、大容量となってしまう動画を如何にして小さなファイルサイズにするかは、皆さんの永遠のテーマだと思います。 この問題を簡単に解決する方法を、今回は紹介したいと思います。

■動画の圧縮には動画変換・編集ソフトを利用しよう

動画をzipなどの圧縮ファイルにしても、ほとんどファイルサイズは変化しません。 では動画の有効的な圧縮方法は何なのかと言うと、動画変換ソフトや編集ソフトを利用することです。 まず誰でも思いつく方法として、動画の長さ(再生時間)を短くしてしまう方法があります。 一度動画を見直してみて、本当に必要なシーンだけを取り出し、不要なシーンを編集ソフトでカットしてしまいましょう。 また動画は解像度やビットレート、フレームレートなどの要素があります。 これらは動画の品質(画質)に影響を及ぼしますが、それ故に数値を下げることで大幅にデータ量を少なくすることができます。 もちろんやり過ぎると画質が粗くなって見るに耐えない動画になってしまいますが、調整次第では並べて見比べない限り劣化が分からないような品質を保つことも可能です。

このように、動画変換ソフトなどを使用すれば、WMVをはじめとして様々な動画を圧縮することができます。 では具体的にどんなソフトを使用してどのような手順で圧縮していけば良いのか、次で紹介して行きます。

■WMVファイルの圧縮に最適なソフト:「スーパーメディア変換!

1.変換形式の詳細設定可能

解像度、ビットレート、フレームレートなどの変換形式を自由に設定可能です。

2.動画編集機能も充実

基本的な動画編集機能を有しており、動画の分割、シーン切り抜きなどによりファイルサイズを削減可能

3.操作簡単

分かりやすい操作性で、わずかなステップで誰でも簡単に動画の圧縮を実行できます。WMV以外の様々な動画ファイルにも変換可能

4.高速高品質で圧縮可能

高品質を保ったままWMV動画を簡単に圧縮でき、市場に出回っている他の変換ソフトと比べて変換速度が速いです。

■WMVファイルの圧縮方法

1.スーパーメディア変換!を起動し、左上の「メディア」からか、もしくはドラッグ&ドロップで圧縮したいWMVファイルを読み込みます。

メディア追加   

2.「変換」タブの動画一覧の右側にある「編集」ボタンを押し、編集画面の「トリム」→「トリムを追加」にて不要シーンをカットします。

編集   

トリム   

3.画面右側の「出力形式」にて、「フォーマット」→「ビデオ」→「WMV」と選択します。

WMV   

※WMV動画から別の形式の動画に変換・圧縮したい場合は、お好みで任意のフォーマットを選択してください。 例えば、「フォーマット」→「ビデオ」→「MP4」と選択すれば汎用的なMP4形式の動画に変換できます。

4.画面右下の「詳細設定」にて、ビデオの「エンコーダー」「解像度」「フレームレート」「ビットレート」、音声の「サンプルレート」「ビットレート」などを設定します。

詳細設定   

詳細設定   

※動画を圧縮するためには、元動画よりも低い数値の設定にする必要がありますが、あまり低い設定にすると視聴に耐えられない画質になってしまいますので、容量と画質のバランスを見ながら調整しましょう。

5.「変換」タブの動画一覧でソースファイルと変換後ファイルのサイズを比較し、良さそうなら画面右下の「変換」ボタンで圧縮を実行します。

変換   

※動画一覧に表示される変換後ファイルのサイズはあくまで目安ですので、実際に変換した後でファイルサイズを確認しましょう。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top