iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

動画復元についてのアンケート結果分析

動画のデータが身近になり始めたきっかけはやはり家庭用ビデオカメラで使用される記憶媒体がデジタル化されたということではないでしょうか。

HDDやSDカードなどテープの時代と比べるとずいぶん録画の容量も増えた上に手軽になったように思います。

そしてスマホの機能として動画を簡単に撮る事ができるようになり、さらに動画データは身近なものへとなってきました。

そうなってくるとその動画データのバックアップをきちんと取っている人はどれくらいいるのだろう?そんな疑問が浮かんできます。
気軽に撮れるようになったからこそ「撮るだけで満足」と思う人たちも増えているような気はしますが・・・。

そしてもうひとつはHDDやSDカード、USBメモリなどへの絶対的な安心感を持っている人も多いようです、きちんと保存されていればデータが消失するような事故は起きないと思っている人は意外と多いでしょう。

しかしこれらは精密機械であるがゆえに実はほんのささいな事でデータを消失してしまうかもしれないという危険を持っているということは覚えておいたほうがいいでしょう。

そして今は誰でも気軽に動画を配信できるようになったことから、動画データというものはさらに私たちの身近なものになりました。

そこで「自分で撮った動画データについてのアンケート」を性別、年代などランダムにリサーチしたアンケートの結果があるのでここで少し分析していきましょう。

「動画データをきちんとそのつどバックアップしていますか?」この設問に対しては8割以上の人が「いいえ」と答えていました。

回答のなかには「ノリで撮ったから」「そのつどは面倒」「そのままでも特に困ったことがないから」などさまざまではありましたが、やはり大半の人たちは録画する楽しみというところで満足してしまってしるのかもしれませんね。

次に驚いた設問では「バックアップを取っていなかった動画データを消失した経験はありますか?」この設問の回答がなんと4割強もいたということです。

続いて気になった設問は動画データを消失した経験のある人に「動画データを消失したことがわかったときにどんな対応をしましたか」回答は「あきらめた」と答えた人が7割とその大部分を占めていて、「データ復元を試みた」という人はわずか3割ほどしかいなかったのです。

あきらめた人にこう聞いてみました「もし消失したデータを復元することができるとしたら、そのときあなたは試みてみようと思いましたか?」この設問に対してはそのほとんどの人が「はい」と答えているのです。

中には「高くなければやってみた」とデータの復元=高いというイメージのままいる人もいるようでした。

データをお手頃な値段のソフトで復元する手段があることを知らないでいたという人が多かったということがわかります。

そして価格がお手頃なソフトがあれば大切な思い出の動画データが消失してしまった時でも「仕方がないからあきらめる」という選択をする人はずいぶん減るということもわかったのです。

確かに以前はデータの復元は特別な業者さんにお願いするか高いソフトを購入して難易度の高い工程を経てするものというイメージはありました。

そんなこともあってか「データ復元は特別なこと」という印象をまだ持っている人も多いようです。

最近ではお手軽な価格帯で手に入るソフトも増えて、操作手順も簡単にさまざまなデータを復元することができるようになったということがもっと広く知られていけば、いままで仕方なくあきらめていた消失してしまった思い出をあきらめなくても済むかもしれませんね。

Wondershare データリカバリー -動画復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えた動画を取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力な動画復元機能
②550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

サイトマップ

Top