iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

USBメモリブランドの紹介

USBメモリとは?

USBメモリーは最近データのバックアップ用として注目されていますし、多くの人が使用しています。

容量も2GBから64GBまでいろいろなUSBメモリーが販売されています。

最近では、8GBのものでも数百円程度で購入することができ、お手軽価格になってきています。USBメモリー自体が壊れたりと、信頼性等の面では疑問視されています。

格安USBメモリーを使うときは、重賞性が少ないデータで一時的に保存するようなデータを利用するような場合であればいいのですが、重要なデータなどを保存して管理するような場合は、有名なブランドのUSBメモリーを使用したほうがいいと思います。

ノーブランドとブランドのUSBメモリーは使い分けて利用することをおすすめします。

それでは、ブランドのUSBメモリーの紹介をしたいと思います。

重要なデータを保存管理する場合は、やはり信頼性というものが大事になってきます。

どのUSBメモリーを使用することが一番信頼性が高く、価格もある程度納得できるものでしょうか。

USBメモリーには、ブランドも含めてたくさんの企業が販売しています。

USBメモリーとしてのブランドには、バッファロー・I/Oデータ・ソニーなどがおすすめです。

どれも聞いたことがあるメーカーだと思います。

ただ、同じフラッシュメモリーでも違うタイプのメモリーを各社利用していることがありますので、価格と使用しているメモリーを総合的に見て、どのUSBメモリーにするかを決めたほうがいいと思います。

まずは、バッファローのUSBメモリーについて見てみましょう。

RUF3-HPMシリーズがあり、最新の技術を使用していて高速化ソフトウェアを採用していて、USB3.0に対応しています。

RUF3-PSシリーズでは、コンパクトにできていてノートパソコンでも使いやすいように長さが短くなっています。

ノートパソコン向けに販売されていると言えます。

RUF3-Kシリーズは、簡単挿すだけでOKのシンプルでコンパクトな作りになっています。

RUF3-PWシリーズは、デザイン性が高く色がカラフルになっています。

I/OデータのUSBメモリーについて見てみましょう。

U3-ALシリーズは、なんといってもアルミボディーでできているのが最大の特徴です。

USB3.0にも対応していて色が鮮やかなピンクゴールドなどシルバーとピンクを貴重にした4種類のUSBが用意されています。

ED-SV4シリーズがあり、こちらはアンチウィルス機能が搭載されていて、ウィルス対策がされています。

U3-DBLシリーズとFSA005シリーズがありますが、こちらは、U3―DBLシリーズの方がスマフォに対応していて、スマフォのデータ保存ができるようになっています。

FSA005シリーズはiphoneとipadに対応していて、iphoneとipadのデータを保存できるようになっています。

ソニーのUSBメモリーは、そこまで色やデザインは凝っていないのですが、性能に関してはさすがにソニーと納得の商品ばかりです。

USM-Xシリーズは、キャップの紛失を防ぐことができる、スマートキャップ付きです。

USM-Uシリーズでは、ソニー内ではスタイリッシュで色は凝っています。

USM-Tシリーズでは、高速タイプでノックスライド方式を採用しています。

特徴としては、転送状態を知らせるLEDが搭載されています。

同じUSBメモリーでも各社機能が若干違っていて、どういうふうにUSBを使うかで使い分けができると思います。

各社考えて作られているUSBメモリーばかりなので、あとは機能性を十分吟味してからどれを使用するかを決めてください。

Wondershare データリカバリー - データ復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えたデータを取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力なUSBデータ復元機能
②USBにある、550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > IT系 > 科技知識 > USBメモリブランドの紹介

サイトマップ

Top