iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

USBメモリとは?

USBメモリとは?

USBメモリとはいったいどういうものでしょうか。

パソコンを使われている人であれば、一度は利用したことがあると思います。

USBメモリーというのは、フラッシュメモリーが中に内臓されていて、パソコンのデータをコピーして持ち運びをする事が出来る記憶装置です。

フラッシュメモリーというのは、自由に読み書きができて、追記書き込みもでき、自由度が非常に高いのが利点です。

USBメモリ-はマスストレージクラスという規格になっていて、共通のデバイスドライバーで制御可能となっています。

最近のコンピューターにはほとんど付いているUSB端子に挿すだけで、USBメモリーに読み書きできるようになっています。

USBメモリーの記憶メモリーとして利用されているフラッシュメモリーの容量が大きくなってきて、フロッピーディスクに変わって主流となってきています。

以前は、価格も高くまだ普及していませんでしたが、現在は利用者が増えてきたのもあり、価格も安くなってきています。

さらに、保存できる容量も現在のニーズに合っていて、コンパクトで持ち運びもできるので、普及がどんどん進んでいます。

写真データであれば、数百枚から数千枚ものデータを保存する事ができます。

最近の傾向としては、パソコンに入れるソフトをUSBメモリーに入れて販売することもあります。

昔はフロッピーディスクというのがパソコンについていて、データの保存や持ち運び用として利用されていました。

最近ではフロッピーディスクの代わりに、USBメモリーを利用するようになっています。

価格も、以前は高額でしたが、最近は非常に安価で購入できるようになり、個人でも購入して簡単に利用できるようになってきています。

 

USBメモリーが、データの保存や持ち運び用として利用されている大きな要因としては、価格も安いのはありますが、読み書きが何度でもできると言う自由度と容量も32GBなどと多くのデータ量持っていることでも、利用者が増えている要因でもあります。

CDであれば1枚で640KBと保存できる容量に限界がありました。

さらに、一度書き込むと追記や書き換えができないというデメリットもあります。

CDRAMなどの追加書き込みや、書き換えなどもありますが容量が決まっていてそこまでのデータ量を保存できません。

いろいろな条件が揃って、USBメモリーが普及しています。

便利で安く大容量を保存する事が出来るということがメリットですが、いいことばかりではありません。

デメリットもあります。

数GBものデータを保存できるのはいいのですが、壊れたり、コンパクトなため紛失してしまった場合には、USBのバックアップを取っていないことがほとんどです。

保存していたデータがなくなってしまうということになります。

重要な情報が入っている場合は、情報の漏洩などセキュリティーには問題があります。

気軽に保存できて保存場所にも困らないため、重要なデータになればなるほどその管理はしっかりとしなければいけません。

ウィルスなどに感染したデータを保存してしまい、他の機器にデータを移行しようとした場合には、その機器にまでウィルスが感染してしまうという状況になってしまいます。

気軽に保存できて、他の機器に持ち運びが出来る反面、そのデータの紛失やウィルスチェック管理を今後しっかりとしていかないと、大きな社会問題までに発展しかねません。

コンピューターを知っている人であれば、その重要性は理解できると思いますが、個人のコンピューターに詳しくない人であれば、簡単コピーできて持ち運びができると思うだけで、そのデータの管理をしっかりとすることはなかなか、難しいと思います。

Wondershare データリカバリー - データ復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えたデータを取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力なUSBデータ復元機能
②USBにある、550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > IT系 > 科技知識 > USBメモリとは?

サイトマップ

Top