iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

4K放送を視聴する方法

4K放送の現状

4Kというのはよく耳にしていて、4Kテレビや4Kスマフォは身近にあり感じることができるのですが、4K放送となると現在どうなっているのかわからないと思います。 いくら受信機があっても、その4K対応の映像の放送がなければ、せっかくの高画質がみることができません。 放送の方はどうなっているのでしょうか。 NHKのBSの4K放送を2016年から始めるといっているのですが、肝心の地上波の方はどうでしょうか。 今のところ全地上へではドコモ4K放送をする予定はありません。 4K放送を推進しているのはテレビ局ではなく、政府が行っているというだけで何の法的規制もなく、民間放送局任せとなりますので、そんなに早くには4K放送は始まらないと思います。

政府の目論みとしては、2016年のリオオリンピックで試験放送をして2020年には本格的な4K・8K放送を開始したいと思っていて、国費を投入して普及させようとしていますが、民法の地上波がどこまで対応するのかが疑問のところです。 アナログ放送からデジタル放送に変わった時には民法もそれなりのメリットがありましたが、4K不朽の壁があることは事実です。

民間放送局では、なぜそこまで乗り気出ないかですが、それは、4K放送をするには、機材の買い替えやデータ量が増えてきている4Kで編集する作業時間がいまより増加するのが見えています。 編集にかかる人件費の増加なども含めますと、相当な制作費がかかってしまいます。 昨今のテレビ離れからするとそこまでして4Kにこだわる意味が見つけられないというのが民法の考えです。 政府は利益などを度外視して放送部門で日本が世界の最先端を走りたいという願望のみで民法は利益が見込めない4Kにそこまでの投資をする意味が見いだせないでいるということでしょう。 4K放送に積極的なのはNHKだけであり、莫大な制作費を出せるのはNHKということです。 前兆としてスカパーがハイビジョンに変わった時に、再契約をした契約者というのが10分の1に減っているという現状があります。

4k放送

スカパーは設備を貸して4K放送をしていますが、最終的に移行となると、価格を上げざる負えなくなるため、ますますます顧客離れに拍車がかかることになりかねません。 民法ではそのことも知っていて、4Kにすると制作費が上がっても、もっと視聴率が下がるのではないかと考える節もあります。 4K放送をするメリットが1つも考えられないとも言えます。 つい最近アナログ放送からデジタル放送に変わったばかりであるのも4Kへの移行に積極的なのではないでしょうか。 4K放送を受信するには、4Kテレビだけでなく専用のチューナーとケーブルが必要になります。 実際に4K放送が始まってチューナーを買ってまで受診をしようとするユーザーがどれだけいるのでしょうか。

4Kテレビはなぜ売れる?

4Kテレビは実際にはよく売れていて、全体の3割ほどは4K照ればが売れているようだ。 以前に比べて買えない価格ではなくなってきてはいるのですが、まだmだっ本格的とまでは行っていないようです。 4K放送がないなか、4Kテレビが売れているのはなぜでしょうか。 販売店の策略にはまっているのではないかと疑ってしまいます。

不思議ですが、4K放送がなくても現在のハイビジョン放送を4Kテレビで受信すると4K放送の4割から7割程度で放送することができる、高精彩化して映す機能を搭載しているからです。 ハイビジョン放送でも。4Kであれば2倍以上の高解像度で映し出される仕組みとなっています。 ただ今後は、テレビ放送より前に映画等が先行して4K映像でみることができるようになると思います。

強力な機能を搭載した4Kビデオコンバータさまざまがありますが、初心者にとっては、強力で使いやすいWondershare「スーパーメディア変換!」という究極動画変換ツールのをお勧めます。 下記の無料の試用版をダウンロードしてください。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > topic > IT系 > 4K放送を視聴する

サイトマップ

Top