iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

4Kモニター機種紹介

4Kモニターにはどういうものがあるのか?

モニターといえばパソコンの画面のことを一般的にいいます。 パソコン上で動画を見たりDVD映像を見たりしますのでテレビと同じくらい使っているのがモニターとなります。 4Kモニターにはどういうものがあるかですが、4Kテレビになると、従来の4倍の高画質映像を表現しないといけないのでどうしても画面サイズが大きくなります。 モニターの世界でも4Kを表現するには、4Kモニターは、最低でも20インチ以上のモニターでないと4K高画質は表現できません。 40インチ以上超える画面であれば比較的簡単に4Kを表現できますが、30インチを切るようなモニターを出すには、相当な技術を必要とします。 4Kモニターも最近では多数出てきていますが、その中でもいくつか紹介します。

ASUSTeK Computer(ASUS)では、4K対応のモニターとして28インチワイドモデル「PB287Q」フレームレスデザインでAH-IPSパネル採用している。 27インチワイドの「VX279H-W」と23インチワイドの「VX239H-W」、24インチワイドの「VE248H」、21.5インチワイドの省エネモデル「VS228NE」、21.5インチワイドのお手軽モデル「VS228DE」の計6機種を生産開始しています。
DELLの4Kモニターを2機種、シャープのIGZO液晶搭載32インチ4Kモニタ「UP3214Q」や、最小6.05mm極狭ベゼル採用24インチモニタ「U2414H」が代表的なDELLの4Kモニターになります。 EIZOが通常の4Kの解像度より高めの4096×2160のモニターを発売する予定です。 より高解像度になるために専門家向けでより高品質なモニターの提供になりそうです。


4kモニター

あとは価格ですが、価格自体は相当高額なものから安いものまでいろいろなものがでてきています。


まずは、PB287Qの28インチですが、最安値が64800円となっています。
VX279H-Wnの23インチでは、最安値が31276円となっていて非常にリーズナブルな金額です。
VE248Hの24インチで最安値が、19200円となっています。
VS228NEの21インチでは、最安値は14200円となっています。

4Kテレビでは、40インチ以上の大型テレビが主流ですが、モニターとなるとさすがに40インチもの大型は必要ありませんので、30インチ以下がしゅりゅうとなり、20インチ前後であれば、20000円を切る価格で提供されています。 4Kモニターの現状と今後 4Kの波はテレビだけではなく、モニターや伝達技術にまで及んでいます。 4Kモニターで一番変わったところといえば、接続端子の規格です。

4Kモニターの場合は、4000ピクセルと高解像度であるため、その映像を等間隔で表示をするのは至難の技です。 去年までPC用モニターとして4Kに対応しているモノは、ほとんどなかったのが現状です。 モニターとして使う場合には、大画面が必要ないので、小さなモニターに高解像度の画像をだすのはいいのですが、文字を表示させる場合には、今までとは比べ物にならないくらい小さく表示されるようになります。 この四位作表示される文字は現時点での問題点ではないでしょうか。 4Kモニターは今後どうなっていくのでしょうか。 というよりは今後どうなっていかなければいけないのでしょうか。

今後の4Kモニターはなくてはならないものなっていくでしょう。 次の8Kへの対応も必要になってくる日も近い状況になってきます。 一時期DELLがPCの価格で他社を引き離していた時代のように、今後のモニターは価格競争が激しくなり、撤退する企業も出てくるでしょう。 その中でDELLはすでに低価格でモニターの提供を開始していますので、その流れはどんどん進化していくでしょう。

強力な機能を搭載したH.265ビデオコンバータさまざまがありますが、初心者にとっては、 Wondershare「スーパーメディア変換!」強力で使いやすい究極動画変換ツールのをお勧めます。 下記の無料の試用版をダウンロードしてください。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > topic > IT系 > 4Kモニター機種紹介

サイトマップ

Top