iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone7・7 Plusのイヤホンについて、イヤホンジャンクを廃止

iPhoneも早い事に7が開発リリースされようとしているのですが、今回iPhone7・7 Plusではイヤホンについて進化をしているという話が出ているのです。

実は、iPhone7・7 Plusの詳細情報がAppleから公式に発表されて、本当にイヤホンジャックが無くなることが明らかになりました。

1.iPhone7のイヤホンについての情報

今までのiPhoneには必ず優先のイヤホンが同梱されており、ほとんどの方がそのイヤホンを使用して音楽を聞いたり動画を見たりされている方多いと思うのですが、iPhone7では個子が進化しています。
それは今までイヤホンジャックを搭載して、本体の重さに加算していた物をなくして本体自体を軽くしようという目的があるのです。
ではイヤホンはワイヤレスになるかというとそうではなく、結果的に優先のイヤホンがついてくるので、どこかに差すようになっているのです。
その差す場所はLightningコネクタで、iPhoneを充電する箇所にイヤホンをさすことで、イヤホンを使用する事が出来るのです。
ですが、それでは充電とイヤホンは片方しか対応できないのではという話になっており、iPhone7では本体を更に軽くするためにイヤホンジャックの廃止を考えているのです。

実際に発表されたiPhone 7ですが、従来iPhoneの左下にあった、イヤホンジャック(イヤホンの差し込み口)が廃止されます。 つまり、iPhone 7 には、従来のイヤホンを差し込むことができません。
しかしながら、今までのイヤホンが使えなくなるわけではありません。
それは、iPhoneの充電ケーブル差し込み口である「Lightning端子」に差し込んで、イヤホン端子に変換するケーブル(変換アダプタ)が付属するからです。
いきなりイヤホンジャックがなくなると、今までiPhoneを使用していた方は違和感が出てくるので、Appleがどのようにイヤホンに対して対応をするか注目するべき点が沢山出ています。
どちらにしてもiPhone7は更に軽く、利用者に負担をかけない形をとっているのでこれから更に魅力的な仕様が紹介されるかと思います。

イヤホンジャックを廃止

2.iPhone7データ復元ソフト「Dr.Fone for iOS」の製品紹介

そんなiPhone7ですが、やはりどうにもできない点として、誤削除をしてしまうという点があり、こちらは人の間違いなので、どうしても防げない部分でもあるのです。
しかし、そんなiPhone7になっても心配されている誤削除の対応をDr.Fone for iOSを使用することで、対応する事が出来ます。
WondershareのDr.Fone for iOSはiOSに特化した復元ソフトで、例え間違えて削除してしまったファイルでもiPhoneのデータをしっかり復元する事が可能です。

Step 1:iPhone7をパソコンに接続してください。

まずはパソコンにインストールしてアプリケーションとして使用できるようにします。iPhone7をパソコンに接続してください。

デバイスをパソコンに接続

Step 2:iPhone7の復元したいデータを選択してください。

Dr.Fone for iOSを立ち上げて、iPhoneを接続して中身のデータを全て表示させます。 復元したいデータを選択してください。

復元したいデータを選択

Step 3:iPhone7のデータ復元が完了。

iPhone7の誤削除したデータも全て表示されるので、間違えて削除してもしっかりと復元する事が可能になります。

iPhone7のデータ復元が完了。

Dr.Fone for iOS(Windows版)と Dr.Fone for iOS(Mac版)はiPhone7のデータを日常でバックアップ・iPhone7消えたデータの復元、新iOSへアップデートする途中で起こるリンゴループ、文鎮化、ブルースクリーンなどの起動しない不具合から復元、LINE・Viber・WhatsAppなどのアプリデータをバックアップ・復元などの機能があります。
iPhone7をもっと活用できるように、まずはパソコンまたはMacにこのiPhone7バックアップ・復元ソフトをダウンロードしましょう。無料体験が可能です。

Mac版ダウンロード     win版ダウンロード
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone新機種関連 > iPhone7 > iPhone7・7 Plusのイヤホンがついに進化

サイトマップ

Top