iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ムービーメーカーでMP4を保存する方法

最近人気を出しているのは、ムービーメーカーでMP4として保存することで、理由として携帯機等で動画を見る方が増えている事が考えられます。
携帯機で動画を再生するにはWindowsのムービーメーカーでMP4としてファイルを保存しないと再生する事が出来ないのです。
そのため、ムービーメーカーでファイルをMP4として保存する方法を把握する必要があります。
まずはWindowsのliveムービーメーカーでMP4としてファイルを保存する方法を紹介します。

・ムービーメーカーでMP4を保存する方法

ムービーメーカーを起動して、動画や写真を取り込んで、編集などを行って自分だけのオリジナル動画を作成します。
その後保存していくと思うのですが、ここで、ムービーメーカーのMP4へ変換する機能を使用していきます。

ウィンドウズのムービーメーカーでMP4として保存する方法は難しくないので、初心者でも簡単に対応する事が出来ます。
また、ムービーメーカーではMP4としてDVDに焼く事ができるので、ファイルをそのまま保存したい場合はMP4のままムービーメーカーを使用してDVDに保存しましょう。
そしてムービーメーカーはMP4の状態でも編集できるので、実際にMP4に変換したけど、修正箇所があったとい時はそのままムービーメーカーに読み込んで編集しましょう。

しかし、WindowsのムービーメーカーでMP4に変換するのは少し面倒だと思っている方も中にはいると思います。
そんな方にお勧めしたいのが、本格的な作りでありながら、初心者でも使用できるようにしてある『PhotoMovie Studio 6 Pro』になります。

windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

・PhotoMovie Studio 6 Proで写真や動画をMP4に保存する方法

PhotoMovie Studio 6 Proは体験版であれば無料で使用できますし、製品版であれば有料で使用できるという仕組みなっているのですが、大きな特徴として簡単な操作で対応可能とう面があります。
PhotoMovie Studio 6 ProでMP4として保存する方法ですが、まず写真や動画をPhotoMovie Studio 6 Proに読み込んで編集可能な状態にします。
そして編集して、その後に保存する時に、MP4として保存するという選択をするだけで、MP4として保存する事が出来ます。
ムービーメーカーでMP4として保存する方法と違い、スタンダードな作りになっており初心者に優しい作りになっています。

PhotoMovie Studio 6 Proで写真や動画をMP4に保存する方法


WindowsのliveムービーメーカーでMP4として保存するより、PhotoMovie Studio 6 Proを使用したほうがより確実に安全に対応できるのです。
今までWindowsのムービーメーカーでMP4として保存してきたという方は『PhotoMovie Studio 6 Pro』を使用する事をお勧めします。

windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

サイトマップ

Top