iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Windows10新機能の紹介

1.8.1のスタート画面と7のスタートメニューを融合した Windows 10のスタートメニュー


やっぱり最初に目に付くのは、スタートメニューが復活したことだ。スタートメニューは、タスクバーの左端にあるWindowsロゴのスタートボタンをクリックまたはタッチすると表示される。Windows 10のスタートメニューの右側には、ストアアプリなどがタイル表示されており、Windows 7のスタートメニューとは異なっている部分が多い。ひと言でいえば、「8.1のスタート画面と7のスタートメニューを組み合わせたもの」とでも言えるだろうか。


Windows 7のスタートメニューとWindows 8/8.1のスタート画面を融合させたWindows 10のスタートメニュー

features01


右上のボタンをクリックまたはタッチすると全画面表示となる。タブレットで利用する場合は全画面表示のほうが便利だ

features02


Windows 8/8.1では強制的に全画面表示となっていたストアアプリだが、Windows 10ではウィンドウ表示が可能となった

features03

2.音声アシスタント機能「Cortana」は残念ながらまだ使えない


スタートボタンの右には、「WebとWindowsを検索」という検索ボックスがあり、キーワードを入力するとWeb検索とパソコン内の検索が可能だ。Windows 10の注目の新機能であるCortanaもここから利用できる。

ただし、Windows 10でCortanaを利用できるのは、米国、英国、中国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインのみで、現時点では日本および日本語では使えない。


「WebとWindowsを検索」という検索ボックスから、Cortanaを利用できる

features04


Cortanaをインサイダープレビュー版で試したところ、「お住まいの地域はサポート対象外です」という表示が出た。現時点では日本および日本語での利用はできない

features05

3.手書きのメモを加えて共有できるEdge


Windows 10には、Internet Explorerに代わる新しいWebブラウザー、Edgeが搭載される。 特徴的な機能が、手書きでメモを書き込めること。気になるところにメモを残して、画像として保存し、ほかのアプリを使ってシェアしたりできる。また、表示中のWebページが記事の場合、広告を非表示にして読みやすいレイアウトにすることも可能。

右上の「Webノート作成」ボタンをクリックまたはタッチすると、表示中のWebページをキャプチャーし、そのまま手書きのメモなどを書き込める。テキストなども入力可能だ。キャプチャした画像は、「Twitter」「Evernote Touch」「OneNote」など、ほかのアプリで開いたり、シェアしたりできる

features06

4.デスクトップとタブレットモードを切り換えられる「Continuum」


Windows 10は、通常のデスクトップ画面と、タッチ操作に適した「タブレットモード」を切り替えられる「Continuum」という機能を搭載する。タブレットモードは設定や通知を素早くチェックできる「アクションセンター」でオン・オフが可能。


タブレットモードは、アクションセンターからオン・オフできる。画面はタブレットモードをオンにした状態で、ゴミ箱やフォルダが非表示となっている

features07


タブレットモードをオンにするとウィンドウが全画面表示となる

features08


タブレットモードの設定画面。「デバイスがモードを切り替えようとしたときの動作」という項目があるところを見えると、2in1タイプのデバイスの場合は、キーボードの脱着によりモードの切り替えを自動で行えるようだ

features09

5.「タスクビュー」


Windows 10では、アプリの切り替え方法が変わる。Windows 8/8.1では、画面左端を外から内へスライドするとストアアプリを切り替えられたが、Windows 10では「タスクビュー」という新機能が表示されるようになった。

マウス操作の場合は、タスクバーにあるタスクビューボタンをクリックするとタスクビューが表示される。従来のWindowsと同様、Altキー+Tabキーによるアプリの切り替えも可能。

タスクビューからは、新機能のひとつである「仮想デスクトップ」も利用できる。仮想デスクトップとは、ひとつのディスプレイを仮想的にマルチディスプレイ環境として利用できる機能。


画面左端を外から内へスライスルと、新機能であるタスクビューが表示される。起動中のアプリやエクスプローラーがサムネイル表示され、使いたいアプリなどをクリックまたはタップすると最前面に表示される。マウス操作の場合はタスクバーにあるタスクビューボタンをクリックするとタスクビューが表示される

features10


Altキー+Tabキーでもアプリを切り替えられる

features11


仮想デスクトップは、ひとつのディスプレイで仮想的にマルチディスプレイ環境を実現する機能。作業内容別に複数のデスクトップを作成できる便利な機能だ。OS Xでも同様の機能が存在する

features12

6.通知センター(アクションセンター)


PCに来た通知を後で見ることができるほか、「タブレットモード」の切り替えやWi-Fiや画面の明るさの調整などもできる。また、タスクトレイに表示されていた吹き出し状の「通知バルーン」は廃止された。

Wondershare データリカバリー - データ復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えたデータを取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力なPCデータ復元機能
②PCにある、550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top