iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Win7、Win8からWin10にアップデートすべきか

待望のWin 10が近々発売することによって、数多くなWindowsユーザーの注目を集めています。今年1月22日に行われたWindows 10イベントで、「Windows 7・Windows 8.1・Windows Phone 8.1から無料でアップグレード可能」という発表の続き、6月1日日本MicrosoftがWin 10への無償アップグレードを 7月29日に開始することを発表しました。さて、Windows 10にアップグレードするべきか、しないべきか、それがまさに大きな問題になったのでしょう。

当時、革新的なWindows 8が様々な批判を浴びた故、この「9」を飛ばした「 10」に対して、アップグレードかどうかを迷ってる方々が大勢いるのもおかしいくないよね。そのため、まずWin 8に慣れないユーザーに注目情報を纏めて送りましょう。

注目点①:スタートメニューの復帰

Win 8について、「スタートメニューの消失」が一番文句を言われたのでしょう。みんなの要望に応じて、「スタートメニュー」が帰ってきた。以前の外観と多少違いますが、便りさが増える一方だと思います。 特に、よく使うアプリの一覧や、最近追加されたもの一覧など、分かりやすく分けてるので、スッキリした気分になるのでしょう。

upgrade-from01

注目点②:Windows 7とあんまり変わらないシステム要件

アップグレードしようと思っても、パソコンが古いので、Windows 10をアップグレードしたら、うまく運行できましょうか。それが心配ですよね。 まず、Microsoft社が公表したシステム要件を御覧ください。

Windows 10 Windows 8 Windows 7
CPUスピード 1GHz 1GHz 1GHz
メモリー 1GB (32bit) 1GB (32bit) 1GB (32bit)
2GB (64bit) 2GB (64bit) 2GB (64bit)
ハードディスクの空き領域 16GB (32bit) 16GB (32bit) 16GB (32bit)
20GB (64bit) 20GB (64bit) 20GB (64bit)
グラフィックス カード DirectX 9 (WDDM 1.0 ドライバー) DirectX 9 (WDDMドライバー付き) DirectX 9 (WDDMドライバー付き)

上記の表を見れば、各OSのシステム要件がほぼ一致しているが、やっぱり心配します。何故なら、Windows 8の時も、最低要件がWindows 7とあんまり変わらないですが、スピードが全然違います。

読者の皆様のため、Win 10(64bit)とWin 7(64bit)の差を実際的にテストしたサイトを色々探して、纏めてみましたが、下記の要件を満足出来る場合、Win 10にアップグレードしてもパソコンの運行スピードなどについて、心配する必要がなさそうです。

CPU 2. 8GHz
メモリー 4GB
ハードディスクの空き領域 1TB
グラフィックス カード DirectX 9 (WDDMドライバー付き)
  • ・シャットダウン、再起動について、両者のスピードがほぼ一致しているが、Win 10の方がやや早いです。また、起動のスピードを比較すると、Win 10の方が明らかに早いです。(16S前後)
  • ・OSの大きさについて、Win 7が 10.2GBぐらいですが、Win 10の場合は12.1GBに増えました。これも当たり前のことでしょう。
  • ・Win 10の場合、メモリーの使用量が幅大きく増やしました。Win 7と比べて、200MB-300MBの差があります。
  • ・アプリを運行するスピードに関して、OfficeシリーズやIEブラウザなど日常用のアプリなら、スピードが変わりないようです。
  • ・アプリの互換性について、ゲームなど娯楽性のアプリがまだWin 10で使わないんだが、 7月末にもって、各ソフト開発会社も張り切って改善するのでしょう。因みに、WondershareソフトがすべてWin 10に対応済みなので、弊社製品のユーザーがWin 10にアップグレードしようと考える際、ワンダシェアソフトの互換性を心配しないでください。
注目点③:デスクトップ管理

Microsoft社のオフィシャルサイトで「簡単なスナップ操作で最大 4 つのアプリを並べて表示し、やりかけの仕事をすべて 1 つの画面で確認できます。」という紹介文を書いていた。画面から見ると、確かに同時作業が楽になりますように見えるが、モニターの大きさが足りないと、意味ないと思います。

また、Windowsが元々「ウィンドウズを左右/上下に並べて表示」という機能があるので、モニターが大きな方に対して、同時作業する際のデスクトップが綺麗になっただけで、便利性が以前とあんまり変わらないでしょう。


upgrade-from02

注目点④:デバイスを超える?

「Windows 10 は、あらゆるデバイスで、その使い方に合わせてアプリの外観を切り替えることができます。」(Microsoft社のオフィシャルサイトより)この点について、多分Windows 10を通して、Windows phoneの売上を増やしたいでしょう。実際Windows phoneを使ってる方がWindows OSを使ってる方より数少ないので、アンドロイドとiPhoneのユーザーに対して、果たして注目点になれるのでしょうか。

注目点⑤:Windows ストアの統合

Windows 8との違いは既存アプリも探し出すことだけのようです。また、ストアのアプリを使用したくなる際、ダウンロードが必ずMicrosoft社のオフィシャルサイトにて行うことになるので、ちょっと不便です。これから、ストアで直接にダウンロードすることもできるになるのでしょう。

注目点⑥:音声アシスタントCortana(コルタナ)

Windows phoneに配属してるコルタナがついにパソコンに登場する。性能に関して、学習機能が付き、人間らしく会話できるなど、ネット上で褒め言葉ばっかりですが、サーチツールがbingなので、そこだけに心配がありますね。特に日本でbingを使ってる方が少ないし、Bingから学習するコルタナがどこまで成長できるよね。

総合的に考えて、Windows 10が「9」を飛ばしても、革新的なOSというより、Windows 8とWindows 7の融合型OSでしょう。Win 8が苦手ので、まだWin 7を使ってる方なら、今の頃、アップグレードしなくても損がないと思いますが、やはりWin 10を試したい方なら、お早めにアップグレードの予約(予約方法)をしてください。

Wondershare データリカバリー - データ復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えたデータを取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力なPCデータ復元機能
②PCにある、550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > Windows関連知識 > Windows情報 > Win7、Win8からWin10にアップデートすべきか

サイトマップ

Top