iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

新しいブラウザ!!「Microsoft Edge」とは?

Windows10 には、新しいブラウザ「Microsoft Edge」が導入されます。開発初期の段階では「Project Spartan」という名前でしたが、2015年4月29日に行われた「Build 2015」で「Microsoft Edge」を正式名称とすると発表されました。

「Microsoft Edge」とは?


この「Microsoft Edge」は、「Internet Explorer」に代わる新しいブラウザという位置づけですが、Internet Explorer が完全に廃止されるわけではなく、Internet Explorer はサポートが継続される予定です。また、今後 iOS や Android 向けのアプリがリリースされる可能性があると言われています。(ただし、Microsoft 社が公式に認めたものではありません。現時点では公開の予定はない、との事です。)

「Microsoft Edge」はWindowsアプリであるため、「位置情報」や「カメラ」、「マイク」などの使用権限も「設定」から一括管理できるため、デスクトップアプリよりも安全性が向上すると考えられます。

また、外見が「Google Chrome」や「Firefox」に似ており、データの検索、 読み取りおよび書き込みを Web 上で行うことができます。

windows10 Microsoft Edge

Webページを表示するためのエンジンが一新されたほか、以下のような機能が搭載されています。

・読み取りビューとリーディングリスト
・WebノートによるWebページへのメモの追加
・新しいタブを開いたときにトップサイトとおすすめコンテンツを表示

便利な機能が「読み取りビュー」です。読み取りビューは、Webページを画像と文字で構成された読みやすい見栄えに変換してくれる機能です。記事以外の情報をなるべく表示しないことで、集中して記事を読むことができます。

読み取りビューとリーディングリストは、Winodws 8/8.1のストアアプリ版Internet Explorerにも搭載されています。よって、厳密には新機能ではありませんが、デスクトップで使えるブラウザーであるEdgeの機能として、Windows 10で強化されたと言えます。

「Microsoft Edge」を実際に使用する場合、タスクバーに追加された「Microsoft Edge」のアイコンをクリックすると、新ブラウザーであるEdgeが起動します。 Edgeの画面構成を見てみると、Internet Explorerと比較すると全体的にシンプルになっていますが、基本的な画面デザインや機能は大きな違いはありません。

windows10 Microsoft Edge

Wondershare データリカバリー - データ復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えたデータを取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力なPCデータ復元機能
②PCにある、550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > Windows関連知識 > Windows情報 > Windows 10への紹介:Microsoft Edge

サイトマップ

Top