iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Windows 10への紹介:廃止された機能:Windows Media Center、コントロール パネルの一部項目、Modern UI版Internet Explorer

2015年3月にMicrosoftから「2015年夏にWindows10の提供を開始します。」と発表があってからこの夏を楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか。そしてついに2015年7月29日からWindows10の無償アップグレードが始まりました。 無償アップグレードの対象になるのはWindows7/8/8.1を使用しているユーザーです。

それ以前のバージョンのOSを使っている方や今回Windows10から使ってみようと思われる方にはパッケージ版やダウンロード版の発売が9月4日からになっています。 こちらの価格はWindows10 Home が13000円でWindows10 Proが25000円で全国の量販店やMicrosoft storeにて購入することができます。

ここで今回Windows10になって新しく変わったところ主になくなった機能について紹介していきたいと思います。

Part 1:Windows Media Center

まずはじめに、Windows XP/Vista/7では各エディションに搭載されていた「Windows Media Center」ですが、Windows8/8.1ではオプションになりついに今回のWindows10では「Windows Media Center」が搭載されなくなりました。

音楽や動画コンテンツ、テレビ番組の視聴や録画などができる便利なツールだったのですが使用率の低下により廃止ということなので仕方の無いことですね。

音楽を聞くためのアプリとして「Groove music」を使ってみるのはいかがでしょう、これは「Xbox music」から進化したアプリで「iTunes」で購入した音楽であっても「One Drive」を経由することによって聞くことができるなる便利なアプリです。

手軽にさまざまな動画を楽しむことができるアプリとして「GOM player」を使用してみるのはいかがでしょうか。 字幕やメディアライブラリーの管理などタブレットでも簡単に使うことができます。

Windows10専用のDVD再生ソフト「Windows DVD player」がWindows Updateからダウンロードすることが可能なので、DVDの再生に関しての対処はこちらで対応できますね。 これらのアプリを使うことで「Windows Media Center」が搭載されてなくても音楽、動画、DVDなどを楽しむことができます。

また直近では「Music Preview」、「Video Preview」という新しいアプリもダウンロードできるようになるということなのでダウンロードできるようになったらチェックしてみるのもいいですね。

Windows Media Center

Part 2:コントロール パネルの一部項目

ここからは設定について変化したことをお話したいと思います。

Windows8/8.1では「コントロールパネル」でデスクトップ画面の設定を行いMetro UIの画面の設定を「PC設定」で行うという設定に関する部門が2ヵ所に分割されてしまっていて使いにくくなっていました。 そこで今回Windows10では新しくできた「設定」という画面から各種設定が簡単にできるようになります。 「コントロールパネル」にあった設定という項目が削除されWindows8/8.1にあった「PC設定」という画面もなくなりました。

スタート画面から直接「設定」画面を選ぶことができるようになったので、いままで分散されてしまっていたさまざまな設定をする項目を統合できよりつかいやすくなりました。

「コントロールパネル」は多少内容の変化はありながらも従来どおりありますが、さまざまな設定をするのはこちらになるので利用頻度は減るかもしれませんね。

コントロール パネルの一部項目

Part 3:Modern UI版Internet Explorer

Internet ExplorerといえばWindowsのユーザーならば定番のブラウザですよね。 実はWindows8.1には2種類のInternet Explorerが搭載されていたことをご存知の方も多いと思います。 ひとつは従来どおりのデスクトップ版こちらはおなじみの仕様のものです、そしてもうひとつがModern UI版こちらはタッチ操作がしやすいように作られたInternet Explorerです。

今回Windows10に標準搭載されているのが「Microsoft Edge」これはMicrosoftが開発している新しいウェブブラウザで、Internet Explorerの後継として搭載されることになりました。 ただ従来どおりInternet Explorerを使用したいというユーザーのためにデスクトップ版は残されているのですが、残念ながらModern UI版は廃止になってしまいました。

Microsoft Edge

より使いやすくなっていくWindows10でこれからのより便利な生活を楽しんでいきませんか。

Wondershare データリカバリー - データ復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えたデータを取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力なPCデータ復元機能
②PCにある、550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top