iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iMovieで対応できるフォーマット

iMovieを用いてメディアをさらに編集するために、プロジェクトの中にメディアをロードする必要があります。あなたがインポートしたファイルはもしかしたら異なるコーデックまたはフォーマットかもしれません。しかし、プログラムは幾つかの限られたフォーマットしか認識しません。ここでは異なるタイプのメディアをインポートする際のiMovieのコツを簡単に説明します。

Part 1: 動画ファイルをiMovieにインポートします。

iMovieで動画を作成するには、まず他のソースからiMovieに動画を移さなければなりません。主としてiMovieは他のでデバイスから動画をインポートするために設計されているので、以下の通り、簡単に動画をインポートすることができます。

1. テープ基準のポータブルビデオカメラから動画をインポートします。

Step 1. ポータブルビデオカメラをMacに接続します。

ポータブルビデオカメラの電源を入れてVTRもしくはVCRモードにします。iMovieを開いてポータブルビデオカメラをMacにケーブルで繋ぎます。するとインポートウィンドウが立ち上がります(もし立ち上がらない場合は"File"から"Import from Camera"を選択して下さい)。

Step 2. 自動/手動スイッチを設定します。

自動スイッチは、テープにある全てのビデオをインポートしてテープを再度巻き戻します。このオプションを使うのであれば、OKをクリックしてください。手動スイッチではあなたが好きな場面だけインポートすることができます。インポートを始めたい部分にテープをセットするためにコントロールが使用できます。そして"インポート"をクリックして選択した場所に動画を保存します。

Step 3.あなたのビデオをプロジェクトに追加します。

その後、新しいイベントあるいは既存のイベントを作成します。

ビデオをiMovieにインポート

2. メモリ基準のポータブルビデオカメラからビデオをインポートします。

Step 1 Macにビデオカメラを接続します

カメラをオンにして、PC接続モードに設定します。 iMovieを開き、ケーブルであなたのカメラをパソコンに接続。 「インポート」ウィンドウがポップアップ表示されます。(「インポート」ウィンドウが開かない場合は、「ファイル」を選択>カメラから「インポート」)

Step 2あなたが好きなビデオを読み込みます

すべてのクリップをインポートするには、自動に自動/手動スイッチを設定し、すべてインポート]をクリックします。一方、マニュアルおよびインポート特定のクリップにスイッチを設定し、[インポートをチェック]をクリックします。その後、あなたが好きな場所に動画を保存します。

Step 3 プロジェクトにビデオを追加します

その後、新しいイベントあるいは既存のイベントを作成します。

ビデオをiMovieにインポート

3.既存のムービーからビデオをインポートします。

あなたの欲しいビデオが全てポータブルビデオカメラの中に保存されてるわけではありません。Mac内にコピーを保存しているかもしれません。これらのビデオファイルをiMovieにインポートする前に、まずそれらがiMovieでサポートされているかチェックしなければなりません。

対応できるフォーマット:
DV, MPEG-4, MPEG-2, QuickTime および AVCHD
注:iMovieはこれらのフォーマットをサポートしていますが、iMovieにインポートする際にいつもこうなるとは限りません。この問題を解決するには、Wondershare スーパーメディア変換!(Mac版)でiMovieに対応したフォーマットに変換してください。
対応できないフォーマット
AVI, MKV, WMV, FLV, SWF, VOB, MTS, M2TS, TS, TP, MOD, 3GP, ASF,など

もしファイルのフォーマットがiMovieに対応していたら、単純に"File"→"Import"→"Movies"とクリックしていけば使用できます。

ホーム > 製品活用ガイド > topic > ムービー・スライドショー作成 > iMovieで対応できるフォーマット

サイトマップ

Top