iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
> サポート > 製品FAQ > FAQの詳細

アナグリフ赤/青 3D映像とサイド・バイ・サイド3D映像の違いは何?

最終更新日:2014-04-01 17:39:44

「スーパーメディア変換!」は、2D映像をアナグリフ赤/青 3D映像、或はサイド・バイ・サイド3D映像に変換することができます。2つとも、特別な技術を使って、オブジェクトのステレオ認識を示す3D映像でございます。

アナグリフ赤/青3Dは、劇場の3-Dを提示する最古の方法であり、より少ない特別なハードウェアが必要です。アナグリフ赤/青3D映像では、画像は赤と青の2つのフィルタを通して、添加光の設定に重ねて表示されます。各眼の色フィルタを持つメガネはカラーフィルタを打ち消すと、補色黒をレンダリングすることで、適切な画像が分離できます。

その為、アナグリフ赤/青の3D動画を視聴するには、原型の3-Dメガネだげ必要です。メディア・プレーヤー・ソフトウェアと共通のコンピュータで、ビデオを再生できると同時に、一般的なテレビで、それも視聴できます。特別なハードウェアやソフトウェアは必要ありません。
サイド・バイ・サイド映像は、2つのフレームの左半分に収まるように、水平方向にスケールダウンし、左眼用のフレームを全体と左右の半分、水平にスケールダウンし、右眼用のフレームを全体に合わせて、構成されています。その為、720pのコンテンツの場合(1280×720の解像度)に、各フレームは実際に640×720の解像度を持ち、左眼用の水平スケーリングフレームで構成されます。それと隣接し、少なくとも右眼用の対応するフレームと同じの640×720の解像度でございます。

サイド・バイ・サイド3D映像を再生すれば、特別な3Dディスプレイ技術を使った3DのPCやTVは、主にアクティブシャッターや偏光を使用してファイルを再生します。そのため、3Dのハードウェアが必要でございます。
サイド・バイ・サイド3D映像の視覚効果は、アナグリフ赤/青3D映像に比て、遥かに優れていますが、3D動画を再生する時、3DのPC、テレビや特別なメガネなど特別なハードが必要でございます。

注意:
お持ちの2DのビデオファイルがDRM保護されている場合は、本製品では変換非対応です。
 

この情報はお役に立ちますか?
はい     いいえ
人気製品

サイトマップ

Top